経済

ソフトバンクのフォートレス、日本のソゴ&セイブ買収提案 – 日経

7月3日(ロイター) – Softbank所有(9984.T) Fortress Investment Groupが親会社Seven & i Holdings(3382.T)から日本デパート事業部であるSogo & Seibuを買収するため約2000億円(14億8000万ドル)を提案したとNikkeiが報じた。 日曜日、ソースを引用。

フォートレスは、セブン・アンド・アイのコアコンビニエンスストア事業に焦点を当てるという投資家の圧力の下で、ソゴ&セイブの買収に対する最初の拒否権を獲得したとNikkeiは述べた。

Fortress Investmentは、米国の勤務時間以外にコメントを求めたReutersには反応しませんでした。 Seven&iはすぐに連絡できません。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Seven & iの株式の4.4%を持つ米国ベースの投資会社ValueActは、2月のコンビニエンスストアに集中すると株価が2倍以上上がることができると述べ、日本の小売業者にSogo&Seibuの売却を促しました。 もっと読む

4月にSeven&iはビジネスポートフォリオの改革を継続すると発表し、Sogo&Seibuの戦略的レビューを行うために財務アドバイザーを雇いました。

日経報告書によれば、セブンイレブンコンビニエンスストアの親会社であるSeven & iは、雇用や一部の店舗を閉鎖するかどうかを含め、Fortressとより詳細に議論することが期待されています。

($1 = 135.1900円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

バンガロールでAnn Maria Shibuの報告。 リンカーンピストの編集。

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ART CYR:米国と日本が強調台湾の安全保障| コラムニスト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close