スポーツ

ソフトバンクの強さはどこ? CS第2戦で見せた “すべてのことを徹底的」の重要性| Full-Count

ソフトバンクが4年連続日本シリーズに進出した。 15日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「スーパーソールクライマックスシリーズパ」第2戦。中村晃外野手2打席連続ツーランで試合をひっくり返して2連勝でCS突破を決めた。21日から日本シリーズで2年連続巨人と日本の桁をかけて戦うことになります。

日本のS進出を決めたソフトバンク工藤公康監督[사진 : 아라카와 유우지]

王会長は言った、「何をしなければならないか、どうあるべきか、を知っている “

■ソフトバンク6-4ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

[PR]ヤクルト、日本のコンビが爆笑説法DAZN(ダジョン)の魅力と可能性は

ソフトバンクが4年連続日本シリーズに進出した。 15日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「スーパーソールクライマックスシリーズパ」第2戦。中村晃外野手2打席連続ツーランで試合をひっくり返して2連勝でCS突破を決めた。21日から日本シリーズで2年連続巨人と日本の桁をかけて戦うことになります。

ポストシーズン12連勝。 再びソフトバンクの強さが示されたクライマックスシリーズであった。 レギュラーシーズンで苦戦を強いられ、ロッテに2試合連続逆転勝ち。 2試合すべて接戦を制し形になったが、終わってみれば、ソフトバンクはガンヘトダグァ唸るしかないだろう。

レギュラーシーズンでチーム防御率2点台を叩き出した強力な投手陣と野球界最高の打者である柳田悠岐がグリッド時アルを保有獣たち。 もちろん、その選手層の厚さは信じられないほど。 ただ、ソフトバンクが強いのはそこだけに理由があるわけではない。

2連勝で突破を決めた試合後、王貞治会長はこのように述べた。 「知力の違いは、力があると感じた。選手たちが戦う方法を知っている。何をしなければならないか、どうあるべきか、を知っている。 ” まさにこの言葉にソフトバンクの力があると言えるだろう。

この日の試合を振り返ってみよう。 もちろん英雄2本塁打中村晃だ。 しかし、この他にも見逃せないシーンが多かった。 たとえば、2回の守備。 2死2塁の状況で清が放った打球は、両方の遊間に飛んだ。 この打球を二塁川島慶三が横飛びにキャッチします。 すぐに上昇3塁に進んだ走者のフジワラウル牽制した。

READ  悩み日本ハム清宮貴重な打 "どうでもいい"栗山監督 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close