Economy

ソフトバンクは評価額約4.2兆円のArm株式売却益確保したり売却対象NVIDIAは、CPU / GPUの超大型プレーヤー| TechCrunch Japan


最後の数週間TechCrunchが追いかけてきた大きな取引は、TikTokしたが、実は交渉中の他の大規模な契約があった。

スマートフォンやその他の分野では、プロセッサチップの最も重要な設計者であるArm Holdings(がんホールディングス)は、ソフトバンクが投資の回収に従事中売却の対象となっている。 ソフトバンクはElliott Management(エリオット管理)などの活動的な投資家を沈黙に追加資金を調達も進めている(未訳の記事)。 また、ソフトバンクは、2016年Armを320億ドル(約3兆4000億ウォン)で買収(未訳の記事)した。

これらの協議は結論に向かっているようだ。ウォールストリート・ジャーナルソフトバンクグループがNVIDIA(NVIDIAの)に現金と株式でArm株式を売却して会社の価値が400億ドル(約4兆2460億ウォン)になると、先に報道した。 フィナンシャル・タイムズ米国時間9月12日の午後、また取引の概要を確認し、早ければ9月14日に発表される可能性があると伝えた。

NVIDIA、Arm、ソフトバンクの公式確認を待っている間、いくつかのアイデアがあります。

第1 Armは、現在では年間数十億個の新しいチップがライセンスの下で製造され、大きな成功を収めているチップ設計の転換を模索している。 5月にTechCrunchが報じたように、この会社は、新たな成長市場に積極的に進出(未訳の記事)しており、有名なブランドの成功事例をいくつか挙げている。 その中にアップルは、MacのラインナップにArmプロセッサを導入すると発表ししたものも含まれています。

ソフトバンクは、2016年に会社を買収し、勢いを取り戻した。 上記の400億ドルがArmの現在の実際の値とすると、約4年間25%の利益を得たわけだ。 ソフトバンクの最新不振投資実績を考慮すれば、かなりの利益を見えますが、もちろん、このような高価な資産を購入する場合には、莫大な費用がかかっている。 また、ソフトバンクビジョンファンドが公開株式を購入したNIVIDIAはAIとブロックチェーンアプリケーションによって株価が16倍以上急上昇している。

第2トレードもArmは多少静かな決着される。 ケンブリッジに本社を置く英国を代表する大学と深い関係を持つ会社はAlan Turing(アランチューリング)氏が計算可能性の開発に重要な役割をしたコンピュータサイエンスの最前線では、英国の長い遺産の象徴と見なさてきた。

Armの売却は、英国政府が欧州連合(EU)との産業政策、特にArmが開発し、チップの技術により資金を巡って議論する準備をしている時期に行われた(Financial Timesの記事)。 もちろんArmが従業員を移動させることはありませんが、アメリカの半導体大手と日本の持株会社が、会社の株式を所有してすることで、会社の比較的独立した事業は、終了することになるかもしれない。

第3に、最後に、今回の買収により、NVIDIAは半導体市場で圧倒的な地位を得、会社の強みであるグラフィックとAI処理の流れとArmチップ設計を融合させることができるようになる。 おそらく完全な垂直統合はないが、この組み合わせは、同社が主要チップメーカーのいずれかとしての地位を強化することになるだろう。

また、Intel(インテル)が一時小さかっNVIDIAのどの遅れたが知ることができる。 インテルの時価総額は約2100億ドル(約22兆3000億円)で、NVIDIAの3000億ドル(31兆8400億ウォン)より少ない。 過去数年NVIDIAの急成長に比べて、インテルの株価は、ほぼ一直線であり、このニュースは、インテルにはあま​​り歓迎されそうにない。

国際政治が絡んでArm置かれている微妙な立場を考えると、どのような契約も多くの国で独占禁止平凡な審査を受けなければならず、英国では、国家安全保障に関する審査を受けることができる。

ソフトバンクにこれは途方もない損失に直面した企業の資産構成の新しい動きである。 少なくとも現在の会社は勝利をするようだ。

画像提供:Kiyoshi Ota / Bloomberg/ゲッティイメージズ

[原文に]

(翻訳:TechCrunch Japan)

READ  1,000万円に引かれて、マイナスポイントは「メルペイ」に決めた - Impress Watch

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close