経済

ソフトバンクも2,980円の新たな計画を発表したり、主要なブランドの料金も刷新 – iPhone Mania

ソフトバンクこの月額2,980円で月間データ転送量20GBの新しい料金プランを2021年3月に開始すると日本経済新聞が報じた。 KDDI(au)とNTTドコモの「ahamo」と同等の計画に対抗する姿勢です。

LINEモバイルを吸収して2,980円のサービスの提供に

日本経済新聞の報道によると、ソフトバンク新しい料金プランは毎月データ通信量が20GBに月額料金2,980円、1回5分間の国内音声通話無料という設定に加えて、手順をオンラインで完結させることも含めて、NTTドコモの「ahamo “のようにします。

新しいサービスは、ソフトバンクのMVNO事業者であるLINEモバイルを吸収合併して提供する予定であり、LINEユーザーの理解を狙っていると言われています。

ソフトバンクは12月22日に新たな料金プランの詳細を発表する予定です。

主要なブランドの価格も引き下げ

日本経済新聞によると、メインブランド「ソフトバンク」のサブブランド「Y! mobile」計画も値下げを検討していると言います。

ソフトバンクは現在月間50GBのデータ通信量でYouTubeがカウント無料になる “伸縮性の計画“を5G対応計画は、8,480円(各種割引前)、4Gのプランは7,480円で提供していますが、新しい料金プラン発売に合わせ料金体系を改編する方針です。

既存の大容量プランの料金を検討方針についてもNTTドコモが「5G基ホププレミア/ギガホププレミア“と発表した計画に近い内容になると予想されます。

主要3キャリアでは、新しいプランを提供で

ソフトバンクとKDDIは「携帯電話の料金引き下げ」を重要な政策に掲げる菅義ウェイ政権の要求に応じて、10月にそれぞれのサブブランドY! モバイルUQモバイルで、新しい料金プランを発表した。

しかし、サブブランドの新しい料金プランを発表について武田良太、総務大臣が主要なブランドからの移行コストが高いことなどを問題視「羊頭狗肉」と強く批判ししていました。

その後、NTTドコモがメインブランドの新しい料金プランという位置づけで「ahamo」を2021年3月に提供すると発表し、KDDIも2021年1月に新しい料金プランを発表すると予告しています。

月額2,980円という料金は、第4のキャリアに飛び込んだ楽天モバイルと同額あるほか、多くのMVNOサービスに近いレベルです。

自社ネットワークを整備途上楽天モバイルとの主要なキャリアの回線を借りてサービスを提供するMVNOが主要キャリアの新しい料金プランにどう対応するのか、業界の動向にも大きな影響を与えるでしょう。

出典:日本経済新聞共同通信
(hato)

READ  Amazonプライムデー、Nintendo Switch販売開始します。 「あっては森本体セット」Switch Lite、amiiboカード全種セットも! - ファミ通.com

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close