経済

ソフトバンクサポート韓国エドテックスタートアップRiiid、Langoo買収、日本進出 – TechCrunch

韓国に本社を置くAIベースのトレーニング技術会社であるが、日本の流通パートナーであるLangooを買収し、日本進出を拡大しました。

今回の買収は、5月にSoftBankのVision Fund 2で1億7,500万ドル規模のシリーズD投資誘致以降出てきたことです。 Riiidは、資金支援を通じてグローバル展開を続けて推進すると言いました。

Riiidの日本パートナーであるLangooは、以前はSantaとして知られたRiiid Tutorには、地域の英語能力試験TOEICテスト準備アプリを提供しています。 Riiidは韓国と日本で250万人を超えるユーザーがRiid Tutorアプリをダウンロードしたと主張します。 2019年4月に日本で発売されたRiiid Tutorアプリは発売初週でAndroid教育用アプリの売上1位を占めています。

Riiidの共同創設者兼CEOのYJ Jangは「Riiid Tutorと現地のビジネスでLangooの優れた能力が、今回の買収の主な原因でした。 「Riiidの強みは、地域、言語、ドメインに関係なく、どこでも技術を適用することができる拡張性の能力です。 この投資を活用して、より広い日本市場機会を捉えることになります。 今回の買収は、最終的にRiiidのAI技術を世界市場に適用して、世界中のより多くの学習者を支援するための武器の戦略の最初のステップです。」

Riiidのスポークスマンは、TechCrunchの日本は最大の教育市場の一つであり、依然として伝統的な対面教育システムに依存する日本の教育技術産業で成長できる大きな可能性を持っていると言いました。 Riiidは日本市場を本格的に進出した後、中央アジアと東アジアなど他の海外地域にも進出する計画だと付け加えた。

日本の遠隔学習産業は、2020年に26億ドルと推定されて、前年比22.4%成長 レポート 矢野研究所で。

Riiidは買収を通じて、日本法人を設立して、日本でのマーケティング、販売、B2B事業開発を強化する計画です。 会社は、市場でのローカル遠隔学習と教育の問題を解決することを期待しています。

日本でRiiidはTOEICで英語を話すと個人指導サービスに至るまで、さまざまなサービスを提供し、顧客基盤を広げることです。

ライドは、2020年に米国のシリコンバレーに米国支社である「リイドゥラボラトリーズ(Riiid Labs)」をオープンした後、グローバル市場攻略に積極的に乗り出している。 Riiidはベトナムと台湾でもユーザーを保有しており、最近では パートナーシップ契約を締結 スポークスマンは、インドに拠点を置くAI edtech会社と一緒にすると言いました。 NSスポークスマンは、カナダのR&Dセンターを開く予定だと付け加えた。

同社は、TOEICモバイルアプリを超え 発射 ACTの準備モバイルアプリ コネクト米教育 エジプト、トルコ、UAE、ヨルダンとサウジアラビアで2021年初め。 また、2021年にはカプランと手を握ってGMATのベータ版を公開し、韓国市場を先に狙う。 Riiidは2022年第1四半期に教師に形成評価と学習プログラムを提供するAIベースのソリューションであるRiiid Classroomを発売する予定です。 主な機能としては、個人の成果分析、個々の学生の弱点に応じた講義推薦、中途脱落分析、課題管理などがあります。

RiiidはK-12、高等教育と企業研修のためのAIベースのオンライントレーニングソリューションを提供しています。 2014年に設立され韓国、米国、英国、カナダ、ブラジル、ベトナムなど全世界で約210人の従業員がいます。

READ  雷鳥レール移動サービスの廃止、10年ウエストエクスプレス銀河山陰特産品を持って| 鉄道ニュース| 鉄道チャンネル

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close