トップニュース

ソフトバンクビジョンファンド、バイオ企業と日本初投資

TOKYO – SoftBank GroupのVision Fundが日本企業に初めて投資したとNikkeiが知ったことは、技術投資家がポートフォリオの地理的多様性の推進を加速することによって発生しました。

ビジョン・ファンドは、日本ノバルティスの元社長であるカズナリ・ツナバが1月に共同設立したバイオテクノロジーのスタートアップであるAculys Pharmaに68億円(5,970万ドル)の投資を主導しました。

金沢県に本社を置くAculysは、米国とヨーロッパで販売承認を受けた睡眠障害治療剤を日本市場に発売することを目指しています。 今回の投資は臨床試験や流通、人工知能を活用した潜在顧客データ分析などに使われる予定だ。

サウジアラビア国家ファンドの支援を受けて発足したソフトバンクビジョンファンドは、米国と中国でAIと協力する高価値目標物に主に投資した。 986億ドルの資産を監督します。

Vision Fund 2は、日本のSoftBank Groupが完全にサポートし、リスクを軽減するために、より広い地域にわたってより小さな目標に焦点を当てています。 6月末基準の平均投資金額は約2億2000万ドルで、ビジョンファンド1の20%水準だ。 中国を越えてヨーロッパ、中東、アジア市場に急速に進出しており、日本投資拡大の可能性がある。 。

READ  日本皇太子、娘結婚報道に「ひどいこと」批判

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close