技術

ソフトバンク元従業員、日本の競合他社5G技術情報の盗難の疑いで起訴



The Tokyo Metropolitan Police Department headquarters(Mainichi / Kenji Yoneda)

東京警察庁(MPD)は、通信会社からの機密5Gモバイル技術情報を不法に取得した疑いで、1月12日ソフトバンク元従業員を逮捕しました。

ソフトバンクのライバル楽天モバイルに採用された横浜の国あき相葉(45)は、不正競争防止法違反の疑いで逮捕された。 5G製品に対する顧客の誘致競争が激化しており、MPDはAibaが収集した情報がどのように使用されていること調査する準備ができています。

Aibaは2019年12月31日、自宅でパソコンを使用してSoftBankのサーバーにアクセスして、自分自身に文書を電子メールで送信した疑いで起訴されました。 彼が直接転送し、保存したファイルには、5G基地局の効率的なインストールの機密情報を含む技術情報が含まれています。 彼は次の日のライバル会社であるRakuten Mobileで働き始めました。

警察は、相葉は自分の容疑を認めているかどうかを明らかになかった。 昨年3月にソフトバンクの協議を受けた警察は去る8月楽天モバイルと相葉の家急襲した。 押収されたコンピュータの分析によると、相葉はソフトバンクを離れる直前に5G情報を複数回盗んだと分かった。 SoftBankから盗まれたものとみられるいくつかの情報がRakuten Mobileのコンピュータで発見された。

SoftBankによると、Aibaは2004年7月SoftBankグループ会社に就職しました。 彼は、ネットワークハードウェアの構築と維持管理のための国家免許を取得して5G携帯電話基地局設置に従事しました。 彼は2019年11月末に楽天的に残すと会社にした。 辞任後、返されたコンピュータを調査した結果Aibaが自分のメールアカウントに技術情報を送ったという事実が明らかになりました。 お客様の個人情報が流出されていない。

日本の3大携帯電話会社であるNTT Docomo、KDDI(au)、SoftBankは2020年3月5Gサービスを開始しました。 4月の携帯電話市場に参加したRakuten Mobileも9月に5Gサービスを開始しました。

ソフトバンクの関係者は12日、「楽天が何らかの方法で機密情報を使用した可能性が高い」とし、その情報の使用を中止して廃棄することを要求し、会社が楽天モバイルを訴えると付け加えた。 ソフトバンクは相葉の民事訴訟も検討中である。 楽天モバイルは社長山田義久(Yoshihisa Yamada)から「(AibaがSoftbankから取得した情報)を使用するかどうかを確認することができません。ファイルに5G関連技術情報が含まれていません。警察の調査に協力してください。 ”

5Gは、4Gより100倍速い速度でデータを転送することができる第5世代通信技術です。 5G技術を使用しているスマートフォンでは、4Gスマートフォンで5分に比べて2時間の映画を3秒以内にダウンロードすることができます。 しかし、適用範囲が限られており、携帯電話会社は、ネットワークインフラストラクチャを改善するために努力しています。 新技術は、多くの人が時差なく接続できるようにして、自律走行車を利用した物流、人口密集地域の遠隔診療、無人農業機械などの社会基盤施設に活用されることが期待される。 日本の人口の高齢化に応じて、

(Japanese original by Makoto Kakizaki and Buntaro Saito、City News Department)

READ  さらに上昇ビットコイン! 逃げ慶應義塾追う明治大学と職業台、専修大1足(1)[카소쯔 대학 대항전 제 31 주]:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close