経済

ソフトバンク新料金は、最終的な後出しじゃんけんだ。 ahamo、基号、UQの前面対抗(シノ純也) – Engadget日本版

ソフトバンクが21年初め、料金制システムを改編します。 元ソフトバンクソフトバンクブランドワイモバイルブランドLINEモバイルブランドのマルチブランド戦略をとっていました。 その中でも、大きく手を入れることがLINEモバイルです。 同社はソフトバンクとLINEの合弁会社として運営していたがをソフトバンクが完全子会社化。 「SoftBank on LINE」をコンセプトに、オンライン手続きを一元化した主要なブランドの一つ「昇格」させます。

SoftBank Junya Ishino
▲LINEモバイルを完全子会社化してMNOに。ソフトバンクが提供するブランドのひとつ料金制を改編する

ソフトバンクの榛葉淳副社長によると、これまでソフトバンクという会社の下でソフトバンクブランドとワイモバイルブランドがあり、事業部も2つに分かれていたが、SoftBank on LINEが追加されることで、これは3つの画像とのこと。 料金は20GBで2980円。 5分の音声通話定額が付くほか、LINE通信データ容量の計算から除外されているゼロの評価も行います。

SoftBank Junya Ishino
▲料金は2980円で、データ容量は20GB。 5分の音声通話定額もつく

金額やデータ容量もオンライン中心など販路を見れば分かるように、SoftBank on LINE完全ドコモのahamo対抗。 後追いながらeSIMに対応しており、適用およびサポートにLINEを使用したりすることはahamoない利点。 逆に、最初はSIMのみ提供ということで、ahamoとMVNOのLINE携帯のように携帯電話を提供していないeSIMの特徴を生かした仕事に展開していく可能性が高いです。

SoftBank Junya Ishino
▲eSIMに対応しており、適用およびサポートにLINEを活用するなど、料金以外ahamoとの差別化

LINEの携帯電話会社を丸ごと吸収しahamoに対抗する経営判断に驚いたが、ソフトバンクとワイドモバイル料金プランもしっかり他社に対抗しています。 金額レベルとデータ容量を見ると、ソフトバンクがドコモ、ワイモバイルがUQ mobile対抗色合いを濃くしています。 以下に説明するようにすべての競合他社よりも少しまともな計画に建てられています。 これはすぐ後出しじゃんけん戦略と言えるでしょう。

まず、ソフトバンクの大容量計画である伸縮性の計画は、データ容量を50GBから無制限に拡大した後、「伸縮性無制限」で料金を大幅にカットしました。金額は定価で6580円。割引も「家と比較して、光セット」と最大3人まで「新すべて家族割引」のみとなって料金制表の組み合わせがスッキリしました(笑)。 前のような期間限定割引はなく、ドコモの5G基号プレミアのような分かりやすさです。

SoftBank Junya Ishino
▲伸縮性の計画は、伸縮性無制限。さらに、料金は5G基号プレミアより70円安い

後出しジャンケンドコモを上回っているのは、金額および4G / 5G計画を一本化したところ。 ドコモは、ギガ号プレミアと5G基号プレミアが別の建物で、しかも両者は100円という微妙なすぎる差がやたら複雑に見える要素が残ってしまっていましたが、ソフトバンクの伸縮性無制限単純に1計画4G、5Gを両方を使用することができます。 さらに、金額がドコモの5G基号プレミアよりも70円安いというおまけ付き。 新しいすべての家族の割合もそれぞれ100円ずつドコモより割引額が多くなっています。

SoftBank Junya Ishino
▲新しいすべての家族割引はドコモのすべてドコモ割合よりも100円ずつ割引額が多く

ドコモは「dカード決済の割合」があり、これを使えばソフトバンクの価格と同じですが、「クレカ結ぶ “になってしまうのも事実。逆に言えば、伸縮性ムジェハンヌンdカード決済の割合170円ほどの価格の値下げと新すべての家族割引の割引金額の増額に補充していると言うことができます。ドコモは、過去プランを集めてしまった繊細な弱点をピンポイントで刺したと言えるかもしれません。その分、当然ソフトバンクがよりシンプルに見えます。

SoftBank Junya Ishino
▲ドコモはdカード決済の割合170円安いので、割引全体適用時の価格は同じです。それほどドコモは、「クレカ結ぶ」があるとも言える

もう一つのサブブランドであるワイモバイルは12月下旬提供予定だった「簡単20 ‘を幻想の計画に店頭去り、 “シンプルS」「簡単M」「シンプルL”の3本立てに料金体系をリニューアルしました。従来の「スマートフォン基本計画」についていた10分の音声通話定額オプション化して料金を引き下げ、KDDIのUQ mobileとほぼ同じ価格を打ち出しています。また、UQ mobileが21年2月に提供予定の20GB計画である “スマートホプとV」を先取りカットする形で3780円と200円安い料金を提示しました。

SoftBank Junya Ishino
▲ワイモバイルは、単純な20埋め残し松竹梅3本立てに原点回帰音声精液を分離、UQ mobile金額に対抗した

これの意味の後出しジャンケンに見えるが、もう一つUQ mobile非対応だった5Gをサポートしているのもポイント。 5Gを安価に利用できるという点では、ソフトバンクの伸縮性の無制限にはない利点です。 すべてのブランドから5Gが可能なので、ユーザーには、純粋に価格と容量、その他のサービスなどで選択すれば良いということは、理解しやすい料金体系と評価することができます。

ドコモやahamo、UQ mobileについて後出しじゃんけんはソフトバンクだが、後で私のじゃんけん見るスピード感が重要である。 じゃんけんの場合、後の事情が遅すぎる相手にバレて反則されてしまいます。 ドコモの5G機号プレミアで4日後ahamoで2週間強での対策発表は十分な効果があります。 さらに、ドコモだけでなく、UQ mobileも真剣勝負をかけてきた全方位だけである。 簡素化を含む市場の “空気”を読むことは非常に上手な印象を受けました。

関連記事:

ソフトバンクも値下げ、20GBで2980円「SoftBank on LINE」の3月に開始

ワイモバイル、5G対応月1980円の新料金プランを発表

ソフトバンク、月に6580円のデータ容量無制限プラン発表4Gと5Gに対応


READ  日本のお客さんがPEI女性と仮想的にお茶を飲みにきます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close