Top News

ソフトバンク非上場化協議再開 – 関係者 – Bloomberg

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

ソフトバンクグループ傘下の英国がん売却に合意した後、非上場化について協議を再開する方針だ。 事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

ソフトバンクGの幹部は、まず社内で反対された経営陣の自社買収(MBO)の計画を再考する方針だという。 情報がプライベートであることを理由に関係者が匿名を条件に語った。

関係者1人によると、同社は、がんの米NVIDIAのに売却近く発表する予定である。 事情に詳しい関係者は12日、がんの企業価値が約400億ドル(約4兆2500億ウォン)で評価される現金と株式で買収されると、ブルームバーグに述べていた。

NVIDIA、ソフトバンクG傘下癌引数合意にアクセス – 関係者

非上場化の検討は初期段階であり、実現されない可能性もある。 この計画のために、会社の経営陣の見解はまちまちで決定されておらず、多くのベテラン幹部が反対していると関係者1人と述べた。

ソフトバンクGは言及を避けた。 会社の非上場化に関する協議はフィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報道しました

同社は、最近の技術企業に投資するデリバティブ(金融派生商品)を使用戦略に批判を受けており、幹部は最近、投資家の会議では、これらの取引は比較的保守的なものだと説明したである。

ソフトバンクG、オプション取引戦略の見直しの検討 – 関係者

ブルームバーグが集計した資料によると、孫社長のソフトバンクG株式保有比率は6月25日、当局申告は20%余り。

原題:
SoftBankは腕取引後プライベートで会話を復活させる(抜粋)

6段落の後に追加して更新します

    READ  東京飲食店などの営業時間短縮の要求23区来月15日まで延長に - NHK NEWS WEB

    Hayakawa Hideo

    コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

    Related Articles

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Back to top button
    Close
    Close