エンターテインメント

ソラ欧米公演「アナスタシア」開幕1年ぶりの大劇場に登場 – 宝塚:日刊スポーツ

宝塚初演「アナスタシア」に出演したソラ欧米トップ真風涼帆(中央右)と相手の娘役星風まどか(同左)(撮影・村上久美子)

ブロードウェイでミュージカル宝塚歌劇初演されたソラ欧米公演「アナスタシア」が7日、兵庫宝塚大劇場で開幕した。 主演ソラ欧米トップ真風涼帆相手の娘役の星風のウィンドウでソラ欧米に新型コロナウイルスによる中断を経て、7月に歌劇再開後、外部劇場作品はあったが、本拠地の作品は初めてだ。 約1年ぶりの劇場登場することになった。

今公演は、新型コロナウイルスによって、今までのようにオーケストラの演奏は録音しながら、ブロードウェイ作品であるだけに、極端には「音楽が重要だ」と判断した。 指揮者のみオーケストラボックスに入って、その戦術を信号に音楽を流す形が採用された。

ソラ欧米電源からの練習は、コロナ災害最初だった。 小規模の練習などの学習スペースでも感染対策を徹底前日6日に最終的な案内の練習を完了すると、真の風は、「4日間の舞台げいこに感謝した」と従業員に感謝します。 「明日(初日7日)も健康第一に努力します」と約束した。

今回の作品は、ロシア革命で殺害された皇帝一家の末娘アナスタシアが私を避けたことが分かった」アナスタシア伝説」を描く1つの事。同名アニメ映画(97年)で着想しブロードウェイで17〜19年のロングラン上演された18年には、スペインなど世界で開催された今年の3月に日本初演もコロナ流行に途中で中断。宝塚版は詐欺師ながら無邪気心を持ったディミトリを主人公に、じゃない(星風)と旅行を描く。

真の風は “詐欺師だが、夢を持ってパリに行く」ととらえ役作り」その時代のロシアできれい事だけでは買うことができない。 宝塚バージョンでは、新しい歌もいただき、「悪」を新たな視点で楽しんでもらえたら」と意気込み開幕に備えてきた。

2番目の星芹香ストア(セリカ・ストア)は、別の風の演技じゃないこっそり考え、ロシア新政府の管理を好演。 スター桜木港が真の風演じる主人公の友人で元貴族の狡猾演じる。

また助長寿司がアナスタシア祖母マリア皇太后にスター一樹空は皇太后側近悔しい、一緒に女性役に挑戦している。

宝塚大劇場は、12月14日まで。 東京宝塚劇場は、来年1月8日〜2月21日。

READ  講談社、インディーズゲームの制作者を支援する「講談社ゲームクリエイター研究所」を発表した。 9月15日から第1期メンバー募集を開始

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close