世界

ソロモン諸島、デモ暴力事態で36時間閉鎖

マナセソガバレー首相は、水曜日遅く放送された演説で警察がデモを鎮圧するために催涙弾を発射した後、封鎖を促した。

マレーシアで最も人口の多い島であるマライタから来た人々が、未実現のインフラの約束を含む、国内問題の怒りの余波で首都に旅行したと報道した。

開発不足に対する怒りとともに、ソロモン政府は 2019年台湾との断交決定 そして中国と正式な関係を結びます。

ソガバレは「私たちの国は民主的に選出された政府を倒そうとする別の悲しい不幸な事件を目撃した」と話した。

続いて「正直、我が国の歴史上最も暗い日を過ごしたと思ったが、今日の事件は私たちが行かなければならない道が遠いという苦痛なことだ」と話した。

彼は現地時間で金曜日の午前7時まで行われるホニアラの封じ込め措置で「私たち法執行機関が今日の事件の加害者を徹底的に調査し、これ以上の無法的破壊を防止できるだろう」と話した。

デモ隊は、店を略奪することに加えて、議会がある国会議事堂と警察署にある茅葺き屋根の建物に火をつけたと首相は語った。

王立ソロモン諸島警察(RSIPF)は、ホニアラ周辺の学校や企業に通う人々に所要の影響を受けないように家に滞在するよう促しました。

RSIPFのJuanita Matanga副局長は、声明を通じて「私たちは、街、学校、企業が閉鎖後すぐに再びドアを開けるようにしたい」と述べました。

「状況が正常化するまでご協力をお願いします。」

READ  「これでも食べなさい」面倒な上司・同僚はシュークリームが効果が心理学的根拠固体椅子よりソファに座ってください| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close