ソーシャルメディアは、日本政府が企業の給与から税の減免を示すように計画していないと非難した。

1 min read





2024年4月23日東京千代田区で企業を対象とした税減免制度の説明会が見られます。 (毎日/和田大輔)

東京 – 岸田文雄首相政府が2019年12月に新しい税減免制度が施行されると、政府が企業やその他の機関に給与に対する所得税減免金額を表示するよう促しているという事実が明らかになった後、ソーシャルメディアから非難を受けました。 6月。

「全国の企業を強要し、困難を経験するこのような情けない制度が、なぜ一回限りの減税のために作られたのか、誰が企画したのかを「プロジェクトX」(NHKドキュメンタリープログラム)で扱いたい。また、他のユーザーは「ただ「私たちが何かをしている」という感じを与えるために企業のための追加作業を作るのではないでしょうか?」とツイートしました。 「税減額」と「給与明細書」という用語が日本Xで流行していたため、政府を批判した。

固定税減免制度は、物価上昇に対処するための岸田政権の対策の一環である。 金額には、一人当たり所得税30,000円(約$190)と住民税10,000円(64ドル)が含まれます。 年間所得が2,000万円($128,000)以下の納税者とその扶養家族は所得税減免対象となります。

政府は減税計画を通じて物価上昇率を上回る所得増大を期待しているが、歴史的水準の円安が原因で物価上昇が続いている。 そのため、一人当たり4万円の税減額だけでは十分ではないという懸念が根強く位置づけられています。 さらに、多くの企業は給与を標準化された形式で準備しており、税金の減額額を追加すると会計および人事部門に大きな負担をかけることがわかりました。

多くの人々は、執権自民党の派閥が関与した非資金スキャンダルに関してこの計画を非難し、経済学者であり元財務省官僚だった高橋洋一は自身のTwitterに「彼らは政治資金に関しては過剰に寛大だ。 非課税にして領収書も要求しませんが、民間企業の場合、請求書システムと今回のケースで見られるように、厳密で厳しい事務負担が大きくなるのは何ですか?」

一部の議員は、この首相が減税案を利用して国政を扶養しようとし、状況に応じて臨時総選挙を通じて衆議院を解散する最適な時期を狙っていると疑っている。 小沢一郎入憲民主党議員室はこの日、自身のツイッターに「私たちが少し戻ってくるので感謝して自民党に投票してほしいという凶悪な言葉だけだ」と明らかにした。 「選挙が終われば国防費支出を充当するための税引きと保険料の引き上げが待っている」と付け加えた。

(日本語オリジナル:宮島宏、政治ニュース部)

READ  日本とアメリカのファンデミックパートナーシップが必要な時だ – The Diplomat
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours