スポーツ

タイ、日本、親善試合でPH女性と対戦する

女子バレーボール国家代表チームはVNL(Volleyball Nations League)で競い合う2人の選手団と対戦し、世界最高レベルのバレーボールを味わうことになる。

そのうちの一チームであるタイは火曜日の午後に到着し、すでに全国を歩むグローバルトーナメントの準備を始めました。 フィリピン女子代表チームは、土曜日の午後6時にフィロイルフライングVセンターで開催されるフィリピン全国バレーボール連盟国際チャレンジでタイとの試合を行います。

親善試合では、東南アジアゲームの主役であるタイ人がトルコアンカラで開かれたベルギーとの1週目の試合で怪我をしたミドルブロッカータタダオヌエクジャンの不在によって多くの調整が必要だろう。

タイは現在VNLランキングで勝点8点で3勝1敗を記録しています。

フィリピンは日曜日の午後4時に日本とも対戦する。

タイは火曜日のスマートアラネータコロシアムで開かれるVNLでカナダと対戦し、日本は同日ポーランドと対抗する。 6月14日から19日までビッグドームで開催されるレッグレッグマッチチケットはticketnet.com.phで購入できます。

ライブを見ることはできませんが、Smartの加入者である人のために、6月14日からSmartのGigaPlayアプリを介してゲームをストリーミングすることもできます。 加入者は、アプリをダウンロードしてアカウントを設定し、スマートモバイルデータまたはPLDTホームWiFiを使用して接続するだけです。

このアプリはまた、フィリピンの女子チームと男子チームの展示試合を行います。


次を読む

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 インクワイアプラス The Philippine Daily Inquirerや他の70以上のタイトルにアクセスし、最大5つのガジェットを共有し、ニュースを聞き、夜明けにダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 896 6000に電話してください。

フィードバック、苦情、またはお問い合わせについて お問い合わせください。

READ  FIFA会長は、隔年のワールドカップが移民死を防ぐことができると言った後、非難を受けた。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close