エンターテインメント

タイのバドミントン世界チャンピオンの希望は敗北で終わります

オリンピック銀メダリストである戴資穎の最初のBWF(世界バドミントン連盟)世界選手権大会女子シングルス優勝の夢は、昨日スペインで開かれた世界3位日本のAkane Yamaguchiが連続競技で彼女を圧倒した後崩壊しました。

競技がほぼ終わる頃、怪我で体を痛めた世界1位のタイは、様々な試合で良い活躍と活躍を繰り広げ、大会に参加した2人の選手の中で最も戦闘力の高い山口に14-21、11-21で敗れた。 東京オリンピック以降の出来事。

Taiは2012年末以降10位圏内に聞き、2015年半ば以降は5位圏内に聞いたにもかかわらず、8強まで進出できなかったため、世界選手権大会で最も遠い記録です。

写真:AFP

Taiは最初のゲームで7-4に先んじて序盤に良い姿を見せたようだったが、山口が主導権を握って首尾よくTaiを動かし、コートの奥深くにピンを固定した後、複数ポイントを獲得したよく配置されたドロップショットを打った。

山口は休憩時に11-10に上がったが、次の11点のうち8点を出して19-13に上がった。 彼女は台湾選手がスマッシュワイドに突進し、ゲームポイントでやや日常的なフォハンドをユニークな方法でネットに入れたときにゲームを始めました。

ゲームの間に、Taiは右の太ももの周りのバンドを削除し、別のラップに置き換えましたが、2回目のゲームが進むにつれて、彼女の動きは明らかに影響を受けました。

タイはその後、試合で初めて指揮棒を握った。 日本の相手を圧迫して6連勝を収め、2戦目で7-4に上がった。

しかし、山口が自分を疑っているように見えると、台湾は8-7に遅れているいくつかの間違いを犯しました。

9-9で同点の状況で台湾人がますます自由に動くことができず、自分の前に落ちるドロップショットを回収できなかったため、山口は次の11点のうち10点を獲得しました。 日本のサブで試合が終わった。

Taiは2011年に決勝に進出したが、中国のWang Yihan(王儀涵)に敗れた鄭韶婕に続き、BWF世界選手権大会決勝に進出した2番目の台湾女性です。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口やわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、または宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーがブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  大規模なマスターズお祝い後帰ってきた松山英樹

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close