スポーツ

タイソンとHoyaまで… “レジェンド選手」が復帰を目指す「お金しかない」理由は – ボクシング – Number Web

マイク・タイソン復帰戦前後米国内の雰囲気はかなり凄いものがあった。

11月28日54歳になった世界ヘビー級チャンピオンロサンゼルスのステープルズセンターで51歳の全4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・ジュニアと対戦。 もちろん正式競技ではなく、2分8ラウンドの展示マッチである。 それでも他にも多くの試合が行われた土曜日の夜、米国スポーツ界で最も大きな話題は、確かにこの試合であった。 普段ボクシングに見向きもしないニューヨーク・タイムズまで特集を組んで、ソーシャルメディアもタイソンニュースでジャーた。

往年の武器だったボディ打ちとアッパーも……

「数年の時間が経ってもタイソンの試合は、やはり格別だ “


ヤフースポーツのベテラン記者ケビン・アイダックこうツイートしたように、すべてのタイソンのカリスマのためにある。 現役時代だけでなく、ガウンなく漆黒のトランクは、懐かしいスタイルで登場したタイソンは徴が鳴ったら以前のように頭を振って前に出てきた。 往年の武器だったボディ打ちとアッパーでジョーンズを運転いく。 ラウンドが進んでも、タイソンの体力は意外に減らずクリンチからの時間を稼ぐために3歳や子供ジョーンズの方だった。

2人のレジェンドは、8回全体の戦い抜きタイソン優勢だったが、WBCであてがわされた3人の特別審査委員による評価はまちまちの首都。 普段は微妙な判定が出る騒ぎがありますが、あくまで展示この日は、その必要もない。

「なぜ誰も私の心配してくれないのか?15年ぶりの戦いだった(ジョーンズ)2年前まで現役だったが、すべてその心配している!」

試合後のインタビュー時、TVのアナウンサーがジョーンズのコンディションを気にする質問をしたとき、タイソンはそのように言葉を間に置いて笑いをかもし出した。

ユーモアと余裕あふれる交換も主役が誰なのかは明らか。 タイソンの知名度を考えると無観客で開催残念だったが、米国のテレビは熱狂したものである。 昔の英雄久しぶり主役に戻ってきた異色の戦闘は何が起こるかわからない伝染病の下、適切なイベントにも思っていたのだ。

元スーパースターの復帰ブーム

ボクシング界では、元スーパースターの復帰が軽いブームを起こしている感がある。 メキシコの英雄Julio Cesar Chavezさん(58歳)は、同胞の元5階級制覇王者ホルヘArce(41歳)と慈善試合のシリーズを開催。 2021年にはマルコ・アントニオ・バレラ(46歳)のエリック・モラレス(44歳)は、元メキシコヘビー級選手のライバルが似たような形で拳を繰り広げることが知られている。

[다음 페이지]元ボクサーの復帰に冷たい視線が注がれてきた理由

READ  ホンダF1特集:オクラホマのF1初優勝で応えアルファ他私たちとの縁[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close