スポーツ

タイソン “2分3分のように長かった」資本決着 – ボクシング:日刊スポーツ

ロイ・ジョーンズ・ジュニアの左パンチを出すマイク・タイソン(左)(USA TODAY =ロイター)

<권투 : 전시 8 라운드> ◇28日(韓国時間29日)◇米国ロサンゼルスのステープルズセンター

プロボクシング元統一世界ヘビー級チャンピオンのマイクタイソン(54)が展示マッチで15年ぶりにリングに立った。 ミドル級でヘビー級まで4階級を制覇して、2年前に引退したロイ・ジョーンズ・ジュニア(51 =、米国)を相手に強烈なボディブローを通して圧倒した。 公式競技ではないので、裁判官による公式評価は、同じ流す、WBCが選定元チャンピオンの3人の推薦評価は引き分けだった。

タイソンは現役時代の最高のウェイト220・4ポンド(約99・97)に絞らていた。 この前の覚悟の表現だった。 試合開始ゴングが鳴る速度に乗った左ジャブで強打を振り回しジョーンズを襲撃した。 ジョーンズはクリーンとフットワークタイソンの強打を避ける戦いに一貫。 タイソンは目的をボディに組み込む常に優位に戦った。

試合後タイソンは果たして疲れた姿で「2分3分のように長かった。引き分けて今は8回を戦っ陥ったことで喜びを感じる」と述べた。 一方、ジョーンズは「タイソンの身体が本当にね。すごかった。しようとしたアウトボクシングもできなかった」とタイソンの力に脱帽した。

一緒にヘビー級選手権を獲得した名前のチャンピオンであるが、元のミドル(72・57キロ)だったジョーンズに対してタイソンは、自然ヘビー級。 彼の体格差電力の差が勝敗を決定すると予想する声が多かった。 直前の賭け率も15代8にタイソンガラス。 一方、2年前まで現役だったジョーンズも「本番感 “タイソンまで決定打を許さなかった。

当初、二人は通常の10ラウンドの戦いを期待したが、安全管理のために、カリフォルニア州アスレチック委員会(CSAC)は1ラウンド2分の表示8ラウンドで使用手袋も普通の10オンスよりも大きい12オンス指定した。 しかし、ボクシングの歴史に残るチャンピオン同士の夢の対決は、 “今年最大のビッグマッチ」と呼ば米国メディアでタイソンの最低補償は日本円で10億円以上と報じた。無観客のイベントでしたが、PPV(ペーパービュー)の売上好調で2人の最終的な補償により、50億円を超えることが確実視されている。

引退後15年。 果たして往年の刺激的なKOで見ることができなかったが、タイソンは「やり直したい人を励ますために試合に出たんだ。この年齢にこれだけ努力することを見てほしい」 時代が変わっても、伝説の鉄人の圧倒的な存在感は、今も健在だった。

READ  大谷翔平、エンゼルスがレンジャーズを相手に3打点を記録している

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close