スポーツ

タイヤ幅の差で先着順従事スプリントでデマルイサガンとバトレリニウル行う – ジロ・デ・イタリア2020第4のステップ| cyclowired

シチリア最終日ジロ・デ・イタリア第4ステージは3級山岳生き残ったスプリンターたちの戦い。 従事スプリントでピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)を数センチの差で下したアルノーに床(フランス、グルコアッパーFDJ)が勝利した。


ジロ・デ・タルリアウル温かく迎えシチリアの都市 写真:CorVos
140kmの今回の大会の最短距離(個人TTを除く)が設定されたシチリア最終日の4段階。 シチリア島南東部のカターニアで観光燃えるミナウル擦れ内陸方向に乗って標高1,125mの3級山岳ポールテッラ・マンドラッツィ(長さ14.4km・平均5.5%)を超えて北海岸に出る。 残り40kmは概ねフラット。 3級山岳集団で超えたピュアスプリンターがヴィラフランカティーレナスプリントバトルを繰り広げるものと予想された。

10月6日(火)4段階カターニア〜ヴィラフランカ押しレナ140km☆☆10月6日(火)4段階カターニア〜ヴィラフランカ押しレナ140km☆☆ 写真:RCS Sport10月6日(火)4段階カターニア〜ヴィラフランカ押しレナ140km☆☆10月6日(火)4段階カターニア〜ヴィラフランカ押しレナ140km☆☆ 写真:RCS Sport

カターニアの街を始めたのは3段階の落差で骨盤骨折したゲラントトーマス(イギリス、ねオス・ザクロ・ディアス)を除く172人。 すぐにジョンハプワ関連のない3人の逃げを決定気温20度程度のシチリア島東海岸を北上しながら時間差は、最大4分20秒まで広がった。

逃げグループを形成した3人
総合115位シモンフェロー(スイス、アンドロニー組カトリック・シデルーメーク)25分42秒の遅延
総合123位マルコフラトポフルーティ(イタリア、ヴィニ自負KTM)27分48秒の遅延
総合128位カミルグラデコ(ポーランド、CCCチーム)28分32秒の遅延

フェルナンドガビリア(コロンビア、UAEのチーム首長国連邦)は、第1のスプリント(55km地点)を集団先頭通過したが、以降、3級山岳ポールテッラ・マンドラッツィでライバルチームに苦しむ。 ステージ全体での主要な集団を牽引したシングルアッパーFDJとコフィディス、UAEのチーム首長国連邦、イスラエルのスタートアップネーションではなく、海抜1,125mの峠を目指し登山をはじめと見ハンスグローがフェイスアップを開始した。 ここでガビリアと地域ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)は、舞台全体の落差の影響でベン・スウィフト(英国、ねオス・ザクロ・ディアス)がメイングループで遅かった。

マリアローザを着て開始を待っているファン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークーニンク・クイックステップ)マリアローザを着て開始を待っているファン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークーニンク・クイックステップ) 写真:LaPresse
健康に開始していく神聖幸也(バーレーンマクラーレン)健康に開始していく神聖幸也(バーレーンマクラーレン) 写真:CorVos
カターニアの街を開始いくカターニアの街を開始いく 写真:CorVos

時間差を失っていたリードは、コロンビアに居住するスイス人フェロが独走を始めた。 雨が降り始め、霧が立ち込めた3級山岳ポールテッラ・マンドラッツィ上を通過したフェロメイン集団から1分25秒、ガビリアウル含むグルコペットから約4分のリードを得て技術の下り突入した。

3級山岳ポールテッラ・マンドラッツィ(長さ14.4km・平均5.5%)登板データ
先頭フェロ:平均速度24.0km / h、上り坂時間35分50秒、VAM1,330
主な集団:平均速度25.8km / h、上り坂時間33分24秒、VAM1,430
グルペット:平均速度23.6km / h、上り坂時間36分21秒、VAM1,310

雨に濡れて、表示滑りやすい下り坂区間でフェロは先行を続けたが、平坦区間に入ると、そのリードはあっという間に縮小する。 ボーナスタイムが設定された第2のスプリント(114km地点)が近づくと、先頭フェロに続いて2回目通過(ボーナス時間2秒)を狙うドゥークーニンク・クイックステップとEFプロサイクリングスピードアップ。 0秒差で総合2位のジョナサン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング)が果敢にマリアローザ奪還を狙ったが、これには総合首位フアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークーニンク・クイックステップ)がしっかりと集団先頭通過する。 読み取り役を務めたデビッド・バトレであろう(イタリア)3番目通過(ボーナスタイム1秒)により、アルメイダとカイセドの総合時間差は2秒に広がった。

3級山岳ポールテッラ・マンドラッツィで遅いライバルの集団復帰を阻止しようとする紫ハンスグログァグルアッパーFDJが主な集団の速度を高めてきたため、最初のフェロはすぐに吸収される。 ヴィヴィアーニ集団復帰を果たしたが、ガビリアウル含むグルコペット遅く残っている。 二集団の時間差は30秒前後で推移したが、計算上の経験上追いつくことができないと判断したグルコペット残り7km地点で速度を解いた。 結局主な集団には約130人が残った。

ぐずつい天気シチリアドンブウル走るぐずつい天気シチリアドンブウル走る 写真:CorVos
逃げシモンフェロ(スイス、アンドロニー組カトリック・シデルーメーク)など3人逃げシモンフェロ(スイス、アンドロニー組カトリック・シデルーメーク)など3人 写真:CorVos

平坦基調の最後の40kmを平均速度53.3km / hで走ってメイン集団がヴィラフランカティーレナに来た。 ペリョビルバオ(スペインバーレーンマクラーレン)の集団前方ポジションの維持に尽力した神聖幸也は残り2kmアーチを通過した後離脱。 そこから陸上チームが出発したが、コーナーが連続も完全に主導権を握るチームは現れない。

残り1kmアーチ通過で急加速先頭に立ったのはシングルアッパーFDJ。 残り850mの最後のコーナーで一人抜け形となったマイルスコット・ピーターソン(オーストラリア、グルコアッパーFDJ)がそのままスパートする。 ヴィヴィアーニ読み取り役を務めるシモーネコーンソンニ(イタリア、コフィディス)が追撃していないことができない状況になって、残りの400mで、スコットの手が入れ今度はジャコポ・グアルーニーエリー(イタリア、グルコアッパーFDJ)の読み出しスタート。 素晴らしい連携でスプリントを記録したシングルアッパーFDJについてに床側でサガンが先に歩いた。

デマルグァサガンは、ここにバックラリーど関わる並ん疾走。 どの選手も完全に抜け出すには至らず、一律のままハンドルを投げる。 とても僅差で誰も手を上げずに、数分の時間がかかった写真判定結果に床が数センチの差でサガンを下したことが明らかになった。 上位フィニッシャーの最後の1kmの平均速度は62.1km / hに達する。

従事レースを繰り広げるピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)とアルノーに床(フランス、グルコアッパーFDJ)従事レースを繰り広げるピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)とアルノーに床(フランス、グルコアッパーFDJ) 写真:LaPresse
ハンドルを投げるダビド・バトレあろ(イタリア、ドゥークーニンク・クイックステップ)、ピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)、アルノーデマル(フランス、グルコアッパーFDJ)ハンドルを投げるダビド・バトレあろ(イタリア、ドゥークーニンク・クイックステップ)、ピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)、アルノーデマル(フランス、グルコアッパーFDJ) 写真:LaPresse
第4ステージフォトフィニッシュ第4ステージフォトフィニッシュ 写真:TISSOT

「フィニッシュラインを走っても勝ったかどうか分からなかった。(3位)バトレリニイ勝利のポーズだったので公式の結果を通知するまで、2位だと思った」と僅差の勝利を収めたフランスのチャンピオン。 ジロのために床舞台優勝は2019年大会第10段階に続いて2回目だ。 オールシーズン乗数を、世界最多の11勝まで伸ばしている。 「ガビリアウル含む集団が常に25〜30秒後あったので、チームは常に基本集団を率いて続けた。最後はマイルスコットの手がその速度を生かし独走。コフィディスイ追走したため、スプリントに向かって足を獲得するができた。今日は体調が良かった運側についていた。 “

サガンは僅差で敗れたが、2段階に次いで2位の成績に基づいてマリアチークラミーノを挙げている。 また、今までグランツール(地やツール部にフィルター)舞台通算16勝を飾っているサガンにステージ2位は、これが30回目。 「勝つ時もあり、質もある。今日は3級山岳で困難な状況に搬入作戦チームは素晴らしい仕事をしてくれた。まだマリアチークラミーノリード少ないため、今後もポイントを狙っていく」とサガンはコメントしている。

結局、ガビリアウル含むグルコペットシートは2分43秒遅れの仕上がり。 その後方を走行したヴィニ自負KTMのルカワットけるだけ(イタリア)とエティエンヌファンインフェル(オランダ)は、ヘリコプターの風圧にコースに吹き飛ばされたフェンスと絡んで、落差。 残り850mの最後のコーナーで発生した事故により、ファン円広がりは自力で仕上げたが、脳震盪と鼻骨骨折を負ったワットけるマンは救急車で病院に移送される(リザルトは完走扱いになっている)。

彼の2番目のステージ優勝を果たしたアルノーに床(フランス、グルコアッパーFDJ)彼の2番目のステージ優勝を果たしたアルノーに床(フランス、グルコアッパーFDJ) 写真:LaPresse
総合リードを2秒広げマリアローザを維持したフアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークーニンク・クイックステップ)総合リードを2秒広げマリアローザを維持したフアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークーニンク・クイックステップ) 写真:LaPresseマリアチークラミーノを手に入れたピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)マリアチークラミーノを手に入れたピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその) 写真:LaPresse

READ  日本初の時間の記録を動かした今村駿介 "一度してみようかという気持ちもあります。」 - 今村駿介時間の記録の詳細なレポート| cyclowired

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close