スポーツ

タマラ本橋、オリンピック希望に怪我をしないように

日本最高のポイントガードの一人Nako Motohashiは11月の臨時代表での練習をしていたが、彼女は突然バスケットに向かう途中、膝が痛みました。

チームスタッフと医師の助けを受けた後、Motohashiは負傷直後悪いニュースを接しています。 右ひざに靭帯損傷を受けた。

当時Motohashiは負傷のため、東京オリンピックに出場する機会が詰まったと思いました。

それは必ずしもそうではないという事実を知ることになるとモットーれる夏季オリンピックで行うことができるすべてのことをすることに決めました。

FIBA Women」s Asia Cup MVPであるMotohashiはまだ負傷から回復中です。 しかし、彼女は国家代表チームの次のトレーニングキャンプに完全に参加することを期待するに十分離れています。

彼女は木曜日オンラインのインタビューで、「私は負傷した瞬間、残りの時間を考慮すると、オリンピックでプレーすることができないだろうと思った」と話した。 「あきらめなければならないと思っていた絶望的でした。」

彼女は事故直後希望の光を受けたが、医師とチームのトレーナーが時間に床に戻ってくる機会があると言いました。

27歳の彼は、「時間内に回復する可能性がゼロではないと聞きました。 「0より良いチャンスがある場合はあきらめたくなかった。 可能な限り最善の機会を与えると思いました。 それは私に楽観的でした。」

しかし、リハビリには近道はありません。 特に本橋が経験したのと同じくらい深刻な負傷を負った場合には、なおさらです。 彼女の回復過程は、細心た忍耐が必要でした。

Motohashiは早稲田大学4年生の時のような膝のACLをケガしました。 彼女は経験が彼女の現在の状況に対処するために役立ったと言います。

女子の日本バスケットボールリーグの東京羽田非キスのメンバーである本橋が「実際には2番目に大きいです。 「今回が初めてだったらどのように時間に回復することができるかどうか不思議たものです。 リハビリでは、忍耐が必要であり、一貫性のある訓練だけ回復につながる。 今回が2度目だったので、私は私がどのように自分自身を押し通すことができるか、すでに知っていた。 “

Motohashiは現在負傷前の位置にほぼ戻った。

彼女は最近、数年の間に日本で最も大きな驚きの一つであった。 彼女は2018年に初めて代表に召されたときに最初に曖昧で外たが、これは彼女にも驚くべきことであった。 彼女は、最終的に開始ポイントガードとしてチームの不可欠な要素となった。

日本のトム号ヴァセナール監督は、オリンピックチームのガードを選抜する際に何を見つけるのか尋ねられたとき、「本橋が私たちの最高の3点シュート選手でもなく、最速の選手もありません。 “しかし、彼女は、より良い意思決定を行い、誰にもとても簡単屈服しない場合は大変な心を持っています。 そして彼女は、私たちの攻撃と私たちのチームに適しています。」

Motohashiは日本が2019 FIBA​​ Women」s Asia Cupで4フィートを完了するように助けた金を目指すオリンピックチームの合法的なプレーメーカーであると考えています。

今、彼女はチームで桁を得コーチングスタッフの信頼を取り戻したいです。

埼玉県出身の彼は、「私はどのように多くのことを行うことができるか見ることは挑戦です。 「オリンピックであなたができる最大のステージの一つであるため、オリンピックの人々に勇気を与えることができると思います。」

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  台湾、COVID-19恐怖で野球予選トーナメントから撤退

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close