エンターテインメント

タラナキバスケットボール選手 Carlin Davisonが日本のTall Blacks選手団に指名

タラナキ航空のカーリン・ダビソンは、日本で2試合中にトール・ブラックズ・スクワッドに名を連ねた。

ヴァネッサ・ローリー/物

タラナキ航空のカーリン・ダビソンは、日本で2試合中にトール・ブラックズ・スクワッドに名を連ねた。

5人のタラナキエアの1人が日本で親善試合をするためにTall Blacksと共に出発しました。

Tall Blacksは、8月25日と29日にサウジアラビアとヨルダンで開催されるワールドカップ予選戦を控え、今週日本の厚木で開催される国家代表チーム準備キャンプと2試合のために13人の選手で構成された巡回選手団を指名しました。

Taranaki AirsのCarlin Davisonは、Benjamin Gold、Dion Prewster、Ethan Rusbatch、Flynn Cameron、Isaac Fotu、Jordan Hunt、Jordan Ngatai、Nikau McCollough、Reuben Te Rangi、Sam Dempster、Shea Ili、Taki Fahrensohnとチームに名前を付けました。

18歳のデイビソンはチームの最も若いメンバーであり、これは国家代表チームで彼の最初の試合になります。

もっと読む:
※タラナキ航空で変化を起こすペロカメロン
* NuggetsとMountaineersはNBLの勝利を主張します。
* NBL対決:2020トーナメントのチーム別ガイド

彼らは公式のゲームではなく、単に友好的であるため、Tall Blacksキャップを取得できません。

彼の選択は、数十年間の敗北の終わりにナショナルバスケットボールリーグで準決勝に進出したTaranaki Steelformers Airsの印象的なシーズンを背景としています。

今年初め、Airs選手のTai WynyardとRichie RodgerはTall Blacksと共にマニラに行きました。

チーフコーチはPero Cameronであり、Ross McMains、Zico Coronel、Michael Fitchettが彼のセカンドコーチとして指名されました。

準備キャンプと日本との試合に続き、Tall Blacksは8月25日に2つのFIBAワールドカップアジア地域予選に出場する選手団を発表し、8月29日にヨルダンとのホーム試合を行います。

READ  COVID-19チャレンジに証明された台湾の - 日本の関係:特使

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close