トップニュース

タリンシティセンター海外居住者のチャット日本のガラス| 特色

このインタビューは、タリンシティセンター(Kesklinn)政府が欧州社会基金の支援を受けて運営する「Tallinn City Center New Arrivals Project」のSvetlanaŠtšurプロジェクト管理者が実行しました。

毎月Štšurはタリンに居住する外国人をインタビューしてエストニア語に移住した理由、首都の好きな点、他の新規参入のための推奨事項について説明します。

Yuri /日本の

Yuriはほとんどの生活を日本で過ごした。 20歳になったとき、彼女はロンドンに移住して9ヶ月の間に、政治と法を勉強して、その後日本に帰ってきました。

エストニアに移行する前Yuriは出張で何度もこの国を訪問しましたが、タリンに移住したとき、彼女はすぐに違いを悟りました。 短い時間の間の場所にいるときに、一般的に、ほとんどの時間をほとんどは英語で言う居住者になると、地元の文化や言語を知る必要を感じます。

Yuriは、自分がエストニアの因果大きく変わらないと思っていないと認めています。 「私はほとんどエストニアインなどの波長にあり、地元の人々を非常によく理解することができるようです。エストニアの因果日本人皆、実際には恥ずかしがり屋が多く内向的です。我々は両方の路上で見知らぬ人との会話を交わすことが不便であると感じます。そんな考え方第文化的背景と子育てに基づいて鳴ります。」

ガラスの多くの外国人の友人は、エストニア人がかなり寒いと思います。 “私は、彼らが寒いとは思わない。特に見知らぬ人との会社で自分の感情を表現することに慣れていないことが多い。私はそれをよく理解することができる。」

ガラスさんは地元の人と友達を作る上で非常に幸運だったた近所の人にも良好な関係を持っていると言いました。

「私はKeldrimäeの隣人に非常に満足しています。彼らはいつも私に挨拶して、多くの場合、第バッグを持ち歩くのに役立つ家族です。最初は友達と英語で言ったが、今はエストニア語で話すことができます。しかし、他の国外居住者は、地域住民が継続して、それらを無視したと私に話し、私はまた、悪名高いエストニア語の「玄関ジレンマ」について聞いていた彼女は笑った。「エストニア人が既に他の人がいれば、廊下に足を踏み入れることはないとき。」

Yuriは、現在エストニアで居住許可を受けるために懸命に努力しています。 彼女は起業家になる予定です。 現在、彼女はかわいい手作り加湿器を販売しているが、今後、直接料理をすることができる手作りの日本食テイクアウトサービスをオープンする予定です。

エストニアで彼女が助けを必要としたとき、International House of Estoniaのコンサルタントは、彼女に多くの有用な情報を提供しています。

「入居したときに、現在のアパートは家具がまったく整っていません。ウェブサイトosta.eeで購入した大きな断面キャビネットを含むいくつかのものを買いました。しかし、配信する交通手段が必要でした。International Houseに戻って助けをいただきました。International Houseはまた、非常に親切なスタッフ二人はいつも外国人を支援する準備ができている語学カフェを組織します。」と彼女は言いました。

ガラスは、自分自身を肯定的な人だと思って、他の人が対処難しいと考えることができる、様々な状況に対処することができていると言う。 「私はいくつかの理由で私悪く代も常に人々の良い点を見ようと努力します。」

ガラスは、10年前の世界が金融危機に圧倒されて、すべての困難な時期であった大学を卒業しました。 日本も例外ではありません。 「人々は仕事を失い危機により、日本社会全体が痛みを経験しました。ストレスを管理する方法と、すべてのものから良いものを見ることができる能力を教えてくれました。」

この見通しは、昨年に有用であることが証明され、彼女はエストニアのが大流行の開始時にパニックを購入ブームに巻き込まれたときの前の危機を思い出させました。

「家の近くにある食料品店はMaximaです。お店に行く前にソバ、その他の乾燥材料と缶詰食品は、私が到着したときでは、おそらく多売れだろうと思っています。肉製品も一つ残っていないことを確認します。豚骨のようにスープが数甲しか残っていません。」と彼女は笑った。 「私はそれらを保持初めて骨ラーメンを作りました。驚くべきことに、結果に満足していました。株式の50%が肉に構成されており、一週間持続しました!」

外国人にエストニアで生き残るガラスのアドバイス

– 最初は簡単ではないとしても、勇敢にエストニアを言いなさい。

– 開いた人々が開きます。 ドアをノックと同じです。 十分叩く扉が開きます。

– 再利用センターで買い物してください! 地域文化を理解するのに役立つ多くの古いアイテムを見つけることができます。 私はかつて蜜ツボのような形の美しいマグを買って夕方に友人に車を与えた。 彼らは “プレキシグラス、なぜ私たちにビールグラスにお茶を与えるか?」と言った。

ERRニュースをフォロー フェイスブックツイッター アップデートをお見逃しなく!

READ  毎2 6日未明、地球帰還にJAXAが会見

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close