トップニュース

タレトンメンズゴルフ、日本の高刀しもじの獲得でロースター完成

ステファンヴィル、テキサス – ほぼ30年でTarletonの最初の男ゴルフチームが完成しました。 テキサスは、水曜日に2022-23ロースターに8番目で最後のメンバーである高fumi Shimojiを追加したと発表しました。

日本の沖縄出身の下木氏は、過去3年間、ケネソー州で平均73.9のラウンドスコアを記録しました。

「私は、Takaが最後にプログラムに参加したことをとても嬉しく思います。 チャンス・ケイン 言った。 「彼は非常に一貫した選手であり、私たちが今年の最初の年を始めるために探している競争経験を正しい道に導きます。」

Shimojiは昨シーズンのOwlsに所属し、6つのトーナメントに出場しました。 最初の3つのイベントでは、彼は3つすべてで+3以上で2回アンダー波を終えました。 彼は10月にPinetree Intercollegiateで68-69-75ラウンドで、合計-4で66人のプレーヤーのうち2位を獲得しました。

全体的にShimojiは2019-22年にKennesaw Stateで15のイベントに出場しました。 2年生の時、彼はSea Palms Invitationalで66-78-75(+6)を記録した後、ASUN今年のゴルファーに選ばれました。 その年のASUNチャンピオンシップで彼は70-73-72(+2)で共同12位に上がりました。

Shimojiのキャリアトップラウンドスコアは、66で前述したSea Palms Invitationalと2019年のJT Poston Invitational 1ラウンドで2回達成しました。

Shimojiはジョージア州スワニーのFriendship Christian SchoolでKennesaw Stateに加わりました。 2016年に彼は高校がジョージア独立キリスト教体育協会(GICAA)州チャンピオンシップで優勝し、その年と2017年にチームのMVPに選ばれました。 彼は2019年、ジョージアクラスで6位、ジュニアゴルフスコアボードで全国的に114位を占めました。

最新のTexanはTarletonで経営学の学位を取得する予定です。 Jack Anderson、Max Bengtsson、Alvaro Huidobro、Jonathan Kittle、Bladen Samaniego、Cristobal Sepulveda、Takafumi Shimoji、Masen Wardを含むTexansの2022-23リストが完成しました。

READ  日本、台湾の危機に警告、米中競争のリスク増加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close