世界

ダイバー、中国の浸水トンネル14人の調査

北京(AP) – 3日前、中国南部で建設中のトンネルが水に浸かった後、行方不明になった14人の作業者を見つけるためにダイバーが派遣されたと当局が日曜日明らかにした。

Zhang Yisheng Zhuhai市副市長は記者会見で、官営CCTVのオンラインレポートによると、トンネルの水位が11.3メートル(37フィート)落ちたました。 水中ロボット、無人船とソナー探知機も配置されるとZhangは言いました。

調査チームは、水をパーながらゆっくりとトンネルの中に進入しています。 日曜日の午前現在作業員が閉じ込められたところまでの1.1km(1,200ヤード)の距離の半分が少し超えるトンネルの中で、約600メートル(650ヤード)程度進入した。 今までパトドン1.8㎞の高速道路のトンネルの道である。

換気の改善に潜在的な致命的なガスレベルが低くなった作業の一環として、トンネルで使用される機械から出る一酸化炭素演技のために進行が鈍化しました。

洪水は木曜日午前3時30分頃に発生しました。 奇妙な音が聞こえ、2管トンネルの片側で物質の部分が落ち始めました。 避難命令が下されました。 水が流入して、トンネルのもう一方のチューブに流れ入り、その側14人の作業者が閉じ込められました。

トンネルは貯水池の下にあるが、事故原因はまだ調査中である。

珠海緊急管理部門の通知によると、3月にトンネルの他の部分で保護壁が崩れ、作業者2人が落下する石に当たって亡くなりました。

珠海(Zhuhai)は、珠海デルタの入り口にある、マカオ近くの広東省沿岸都市です。 約40年前政権共産党が国家経済を開放し始めたとき、ここでは、中国の初期の経済特区の一つであった。

READ  ウイグル、チベット、モンゴルで中国政府が粘り強く宗教を弾圧する理由ポリシーと法律見る当局の「深い懸念」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close