ダラスと日本企業、ノースフォートワースビジネスパークの計画

1 min read

ダラスの不動産投資家は、North Fort Worthに新しいビジネスパークを建設する準備をしています。

今年初めの商業用不動産会社 Velocisはパートナーシップを結んだと述べた。 日本に本社を置く住友株式会社とともに、テキサスに新しい倉庫プロジェクトを建設します。

Velocisは、2010年に商業用不動産を買収するために開始された民間不動産投資グループです。

同社は、アリゾナ州、コロラド州、テキサス州、ジョージア州、フロリダ州、ノースカロライナ州、バージニア州、テネシー州、ワシントンDCにあるいくつかのオフィスおよび小売不動産の建物を購入しました。

そしてVelocisは最近の開発に拡張しました。

同社は、住友とのベンチャーがダラス・フォートワース地域に倉庫を建設すると述べた。

Velocisは、Fort WorthのInterstate 820 South North Beach Streetに2つの建物産業プロジェクト計画を州政府に提出しました。

建物は合計850,000平方フィート以上のスペースになり、1月に着工する予定です。

建物の費用は5,300万ドル以上で、建築家Ware Malcombによって設計されました。

ビジネスパークは2024年初めにオープンする予定です。

DFWエリアは 国内で最も急成長している産業市場 7,000万平方フィート以上の倉庫スペースを確保しています。

Uptown Dallasの高層McKinney&Oliveの開発はほぼ4億ドルに達しています。
READ  日本は今週、大阪と京都で緊急事態を注視し
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours