ダービー馬の騎手、トレーナー、所有者、血統など

1 min read

クラウンプライド

色: ダークベイ

飼育: 日本

陛下: クラウンに到達

ダム: エミーのプライド、カメハメハ王

価格表: 該当なし

所有者: 吉田照也、ファーストダービー

2022年ケンタッキーダービー: 今年のレースについて知っておくべきこと

訓練者: 新谷光一、ファーストダービー

騎手: クリストフ・ルメール、ファーストダービー

記録: 4試合で3-0-0

キャリア収入: $734,569

ケンタッキーダービーポイントへの道: 100(7号)

最後のレース: グループ2 UAEダービーで3月26日にMeydanで開催されるSummer Is Tomorrowで2 3/4の長さで勝利

実行スタイル: ストーカー

メモ: クラウンプライドは2歳の時に2 for 2でした。 彼は3歳で東京でデビューし、Hyacinth Stakesで6位を獲得し、UAEダービーで再びプレーしました。 … Crown Prideは3月30日にドバイでChurchill Downsに到着し、Kentucky Derbyを通じてトラックの検疫施設で安定します。 … 2019年に6位を獲得したケンタッキーダービー – マスターペンサーは、1匹の日本産の馬だけ出場しました。

READ  田中、日本のファンにヤンキースと「成長」を見せる予定| スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours