トップニュース

チップ不足で、日本と中国の工業生産に大きな打撃

日本と中国の製造活動は、世界の半導体不足で打撃を受けており、両国とも初期の回復を阻害することができる減少を報告しています。

日本は去る5月の工業生産が最も急激な落ち込みを記録し、特に半導体不足が持続され、自動車メーカーが急激に下落したと水曜日公式数値が明らかにした。

経済産業省(METI)は、5月に工場の生産量が5.9%減少したと発表した。 前月2.9%増加した後、ロイターが分析したアナリストの世論調査で予測した2.4%より2倍以上高い数値である。 自動車生産は、同月19.4%減少した。

悪い経済ニュースは、東京オリンピックが開幕する数週間前に出てきたが、これ1年遅れの後、7月23日に開始される予定です。

一方、中国の工場の活動は、同じサプライチェーン中断と広東省でCOVID-19発生により、6月に4ヶ月の最低値に落ちました。

READ  日本のワクチンプログラム責任者、5月にリリースレポートを拒否

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close