トップニュース

チップ不足とウイルスで日本の大企業の心理再び下落

4月から6月まで、日本の大企業の経営心理は、グローバル半導体不足とコロナウイルス感染症のための3番目の緊急事態のために、第2四半期連続で悪化した。

財務省と内閣府の共同調査によると、資本金が10億円以上の企業の信頼感指数は、1〜3月の期間マイナス4.5からマイナス4.7に低下して、第2四半期連続のマイナスを記録した。

業種別では、製造指数が前四半期の1.6からマイナス1.4に落ち、4四半期ぶりに初めてマイナスとなった。

グローバルチップ不足による自動車生産量の減少は、自動車関連会社といくつかの他のメーカーの心理を大きく悪化させたと政府関係者は記者団に語った。

自動車産業は、半導体の危機に苦しんでいるが、部分的には、チップを使用しているノートパソコンやゲーム機の需要を増加させ、部分的には、2月の異常に寒い天候に応じたテキサス州の大規模な停電とRenesasの火災による供給中断による部分的に発生しました。 3月に日本のElectronics Corp. 植物。

非製造の指数はマイナス7.4からマイナス6.2に改善したが、まだマイナスを維持しました。

この関係者は酒を提供するレストランやバーが営業を停止し、他のレストランでは、初期のドアを閉め、人々が家に滞在するよう推奨している米国の第三のウイルス緊急事態の影響を受けたと語った。

政府は4月末、東京、京都、大阪、兵庫の緊急事態を宣言した。 伝染性の高いウイルスの亜種に起因するCOVID-19感染が急増する中で、この措置は、繰り返し拡大され、現在、10の県を含む、現在の終了日は、6月20日に設定されます。

調査の数値は改善を観察した企業で悪化状態を報告した企業の割合を引いた値です。

小規模企業の場合指数は第2四半期ぶりに改善したが、マイナスを維持しました。 資本金が1億円以上10億円未満の中堅企業の場合、1〜3月の期間のマイナス15.2に比べてマイナス9.0となった。

資本金1,000万円以上1億円未満の中小企業の指数はマイナス31.4からマイナス25.5に上昇した。

今後3ヶ月から9月まで、大企業の営業状況を予測する指数は+7.7であり、その次の四半期には+8.4となった。

この調査は、資本金1千万円以上の14,735社を対象にヘトウミョイ中11,133個(75.6%)が5月15日までと答えた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  DVIDS-ニュース-Camp Zamaで配偶者のための「Head Start」、日本オリエンテーション授業再開

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close