チップ大企業TSMC、日本工場でホットスポット台湾から抜け出す

Estimated read time 1 min read

台湾の巨大半導体企業であるTSMCは、重要なハードウェア製造の一部を基地から別の場所に移転することで、土曜日に日本に86億ドル規模の工場を開く予定です。

AppleとNvidiaを顧客とするTaiwan Semiconductor Manufacturing Companyは、スマートフォンから衛星に至るまですべてに使用され、AI技術を強化するためにますます使用される世界のチップの半分を生産しています。

しかし、TSMCの顧客と経済や防衛に不可欠なチップ供給を懸念している政府は、会社自治の島でより多くのチップを作ることを望んでいます。

自国の領土と主張して武力占領を排除しない台湾に対する中国の主張が大きくなり、チップ生産のための世界の台湾依存度に対する懸念が触発され、TSMCは台湾を製造するところを多角化するようになりました。

「チップ戦争:世界で最も重要な技術のための戦い」の著者であるChris Millerは、日本の新工場は「数年ぶりにオープンするTSMC国際投資の中で最も重要なもの」と述べました。

ミラーはAFP通信とのインタビューで「台湾が中国の圧力に対抗するのに役立つ強力な友人を確保しようとする時期に、台湾と日本との政治的関係をさらに強固にするだろう」と述べた。

しかし、南島の九州にあるTSMCの新施設は、日本が莫大な補助金で半導体企業を誘惑するために米国やヨーロッパと競争しているためクーデタイ機もあります。

– 状態甘味料 –
岸田文夫首相は土曜日の午後、TSMCの上級役員と共に開幕式に出席することが分かった。

東芝やNECなどの企業は、1980年代に日本がマイクロチップ分野を支配するのに役立ちましたが、韓国や台湾との競争により、世界市場シェアは50%以上から約10%に低下しました。

今、日本は2030年までに国内生産チップの売上を15兆円以上に3倍増やすため、最大4兆円(267億ドル)の国家甘味料を提供しています。

政府がコストの40%以上を約束した菊陽村の新しいTSMC工場は、ソニーとデンソーも参加しています。

日本政府の「強力な」支援により、TSMCは今月、さらに発展したチップを作るために2番目の施設を発表し、3番目、さらに4番目の施設も考慮していることが分かりました。

国家資金を受け取る他の企業には、IBMと日本企業が最先端の2ナノメートルロジックチップに参加する野心的な合弁会社であるKioxia、Micron、およびRapidusがあります。

– ウェルカムバナー –
TSMCは米国アリゾナ州に2番目の工場を建設しており、ヨーロッパでは最初のドイツに別の工場を建設する計画です。

しかし、日本は地理的に近いという利点があり、その分野に豊富な経験を持っており、建設に少なくとも22ヶ月かかるKikuyo工場の場合は速いです。

これとは対照的に、自社部門を活性化するために527億ドルの補助金を発表した米国では、アリゾナ工場が延期され、組合との紛争が発生しました。

菊陽の今村太郎地域管理は、AFPとのインタビューで、「多くの企業が多くの工場を建設するのを見たが、TSMCは驚くべき速度で建設された」と述べた。

「私たちはTSMCの従業員を歓迎します」と書かれたバナーのある吉祥市役所で、「子供から高齢者まで、村の誰もが「チップス」と「TSMC」という言葉を知っています」と今村氏は語りました。

九州熊本地域はすでに中国と活発に事業を行っている東京エレクトロンなどチップファブ用機械メーカーを含め、日本の半導体企業のハブとなった。

しかし、高齢化の日本の他の部門と同様に、特に地元の学生がチップ以外の産業を離れたり好む場合には、十分な人材を見つけることが懸念されています。

卒業生は「ソフトウェアにもっと興味がある」と国立工科大学熊本大学副教授の高倉健一郎が​​AFPに語った。

エージェンシーフランス – プレス

READ  Metroidvaniasはすでに2024年に素晴らしい出発を始めました。 今週、2人の認定バンガーがリリースされました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours