チップ敗北が加速し、日本日経が2日連続で下落

1 min read

ケビン・バークランド

東京、7月21日(ロイター) – 金曜日、日本のNikkei平均株価は、米国の同業者の売り上げに沿ってチップ関連株式の暴落が加速して下落しました。

国内半導体業界の巨大企業である東京エレクトロンとアドバンストは午前セッションでそれぞれ5%以上急落し、日経で180指数ポイントを削った。

日経指数は正午休会時間に0.22%(純73ポイント)下落した32,417.92を記録しました。

対照的に、技術者の集中度が低いより広いTopixは0.26を追加しました。

チップ部品メーカーのScreen HoldingsとチップメーカーのRenesas Electronicsは、それぞれ3%以上の損失を記録し、より大きな同僚と暴落しました。

一晩、フィラデルフィアSE半導体指数が3.6%下落したのに続き、今年最悪の日となりました。

しかし、大和セキュリティ戦略家のケンジ・アベは、中期的には価値株よりも成長株を好むことを続けていると述べた。

彼は「米国ではインフレがピークに達したように見え、ヨンジュンはハイキングサイクルの終わりに非常に近いため、米国の長期金利が今後下落すると予想しており、これは成長株にとって肯定的だ」と述べた。

安倍首相は、連邦政府と日本銀行の両方が政策を確立し、日本の実績シーズンが本格化する来週の日経指数が狭い範囲を維持すると予想した。

しかし、年末になると、Nikkeiは34,000まで上がることができると彼は予測しました。

金曜日のチップ株式の大きな損失は、モーターメーカーNidecの株価急上昇を無色にしました。

ヘルスケアは1.47%上昇し、東京証券取引所の33の産業グループの中で最高の成果を収めました。

Daiichi Sankyoは、血液癌治療薬が米国FDAから承認を受けてから1.89%上昇しました。 武田製薬は1.95%走った。 (Kevin Bucklandの報告、Rashmi Aichの編集)

READ  6人を除く「杉田さんのレポート」菅首相会議の問題 - 衆院予算委員会 - 時事通信ニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours