スポーツ

チャンピオンシップシーズン入門書| スポーツ

イリノイ男子ゴルフプログラムは、過去13シーズンそれぞれNCAA選​​手権に到達し、Mike Small’sで合計16回

コーチで21年。 Illiniは今シーズン再び全国的にトップ20のチームになり、NCAAフィールドセットと連覇を延長する態勢を整えています。

5月4日に発表される予定です。 5月に強度が高くなる前に5項目を分析したスタッフ作家 SCOTT RICHEY:

目的地:アリゾナ州今年のNCAAチャンピオンシップは、5月27日から6月1日まで、アリゾナ州スコッツデールのグレイホークゴルフクラブで2シーズン連続開催されます。 イリノイ州は昨年のチャンピオンシップイベントのストロークプレイ部分で5位を獲得し、Scottsdale出身のMichael Feaglesが個別に4位を獲得しました。 Illiniは、11回のトーナメント出場で7回目のマッチプレイに進出した後、FeaglesとAdrien Dumont de Chassartが2-0に先んじたにもかかわらず、8強で最終国家準優勝者のOklahomaに3-2に落ちました。

しかし、最初に…NCAAチャンピオンシップフィールドには6つの異なる地域サイトがあり、フィールドは5月4日午後3時にゴルフチャンネル放送中に公開されます。 今年の地域大会は5月15-18日にイェールのコースコネチカット州ニューヘブンは今週末にゴルフウィーク世論調査で全国17位に上がるカリフォルニア州ストックトンにあるスパノスパークの保護区に向かい、OSUゴルフのための限り地域セットとともにオハイオ州コロンバスに戻ることができる。 クラブ。 Illiniは4月24日、Columbus Country ClubでRobert Kepler Intercollegiateで優勝しました。

次期IlliniチャンピオンのDumont de Chassartは4月10日にInd。 Villers la Ville, Ind. Villers la Villeで開かれたBoilermaker Invitationalで優勝したことを含め、秋のシーズンにさかのぼる5つのトップ5に入り、今週末Big Tenチャンピオンシップに入った。 Nativeは、GolfstatのNCAA選​​手ランキングで12位、世界のアマチュアゴルフランキングで28位を記録しました。 彼はまた、Big Tenチャンピオンシップに向かう69.50打で座り、Feaglesの平均打数番組記録(70.55打)を破るためにスピードを上げています。 Illiniがナショナルタイトルに挑戦すれば、彼は先頭に立つでしょう。

最高の競合他社オクラホマは、今年の準優勝から全国チャンピオンに移動できる場所にいる可能性があります。 スンナスはクリス・ゴータロップ(Chris Gotterup)とローガン・マカリスター(Logan McAllister)のGolfstatランキングの上位4人のうち2人を誇り、後者は世界14位です。 レッドリバーのライバルであるテキサスは、誰がスコッツデールに進出できるなら、誰が一番好きでなければならないかについて話すことがあります。 ロングホーンズ・シニア・ピアソン・クーディー(Pierceson Coody)はWAGRで1年連続1位を走っている日本の中島慶太(Keita Nakajima)に過ぎず、同僚であるコール・ハンマー(Cole Hammer)は11位だ。

チャンピオンシップシーズン「あなたは秋のシーズンを過ごし、私たちは春のシーズンを過ごしました、そして今チャンピオンシップシーズンがあります。 彼らはすべて異なる目的を持っています。 チャンピオンシップシーズンは誰もが覚えているものです。 それがあなたがここに来た理由です。 他のものも重要です。 あなたは成長し、成長し、個人の達成とランクと栄誉のための仕事の体系を構築します。 しかし、今年のこの時期はチームに関するものであり、大学と共に現在のチームに対する遺産を残すことです。

— Illini コーチ Mike Small

Scott Richeyはニュース・ガゼットで大学のバスケットボールを取材する記者です。 彼のEメールアドレスは[email protected]で、Twitter(@srrichey)で彼をフォローできます。

READ  カナダのChris JohnstonはBassmaster Classicで5位を記録しました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close