トップニュース

チャンピオン日本、オーストラリアがインドネシアを破って優勝

1月21日(ロイター) – 2回ディフェンディングチャンピオン 日本は金曜日プネで開かれた女アジアカップ開幕戦でミャンマーを5-0に制圧し、共同優勝チームであるオーストラリアはインドネシアを18-0に大破した。

チェルシーのストライカーサムカーはムンバイで5ゴールを決め、エミリー・ヴァン・エグモンドは4ゴールを破った。 トニー・グスタフソンのチームは、1989年以降初めて決勝戦に進出した経験が足りないインドネシアチームに慈悲を与えなかった。

Ellie Carpenter、Kyah Simon、Hayley Rasoは中かっこを主張し、Caitlin Foord、Mary Fowler、Aivi Luikも2018年の準優勝者がグループBで妥協することなく生活を始め、スコアシートにいました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

オーストラリアは金曜日の後半に会うフィリピン、タイとの引き分けを記録した。

この日午前、ウェストハム・ユナイテッドのミッドフィルダー長谷川結衣は、C組の開幕戦で日本がミャンマーを軽く制圧し、池田二氏に代わって2ゴールを決めた。

上野梨子はハセガワの22分のクロスを頭をうなずいてチャンピオンをリードしたが、日本が優位を2倍にするまで後半2分かかった。

長谷川はミャンマーの守備陣の後ろに上木の巧妙なタッチでホームに入り、ひかる直本のカーリングフリーキックは5分後に日本に3分の1を与えた。

Yuru Narumiyaはミャンマーのペナルティエリアのエッジで4番目のゴールを達成しました。

2014年と2018年とも決勝でオーストラリアを破った日本は韓国とベトナムと共にC組に属しており、両方の選手は金曜日遅く対戦する。

女子アジアカップ2022年版は8カ国から12カ国に拡大され、来年オーストラリアとニュージーランドで開かれる女子ワールドカップアジア地域予選を兼ねる。

アジアは共同開催国のオーストラリア以外に決勝戦で5つの自動出場権が付与され、2つのプレイオフ進出権もあります。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

香港のマイケル・チャーチ(Michael Church in Hong Kong)の報告、Christian Radnedgeの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  2021年のベストなオンラインスロット

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close