世界

チャールズ3世の演説でエリザベス2世女王に敬意を表する:最新のアップデート

バルモラル城、スコットランド – 水曜日の朝7時30分頃、エリザベス2世の女王がたくさん愛した美しく孤独なスコットランドの田舎の邸宅であるバルモラル城の外の壁にはすでに花が並んでいて、彼女の人生と70年の統治木曜日に終わったところでした。

エリン・ハークネス(Erin Harkness)が花束を追加すると、ろうそくも点滅しました。 彼女は夜明けの1時に車に乗って60マイル離れたダンディーで車を運転し、駐車場にいる間眠くために数時間停止した喪失感を思い出しました。

「おかしい。 脳が対処するにはしばらく時間がかかります。 いつもと変わらず感じられますが、その違いがあるからです。」 障害のある母親の世話をし、スコットランドのナショナルトラスト(National Trust for Scotland)のボランティアである24歳のハークネスは言いました。 国の田舎と歴史的な建物を保護します。 「あなたは彼女が今消え、全国にエリザベス2世女王様の穴があることを知っています。」

クレジット取引…Alastairグラント/アソシエイトプレス

早朝に雨が降ったとき、ハークネス氏は女王に敬意を表するために環境に苦しむ多くの人々の一つでした。 彼らは、女王の健康が悪化し、木曜日にバルモラルに突進した王室のメンバーの出発を待って、傘の下にある世界中のテレビ制作スタッフと加わりました。 ハリー王子は午前8時30分頃に最初に出発しました。

朝遅くなると、近くの村であるバラーターには、長い間王室生活の中心地だったバルモラルまでバスに乗るために、より多くの人々が集まりました。

19世紀に、ビクトリア女王とアルバート王子はバルモラル城をスコットランドの家にしました。 それ以来、城は王室の夏休みのための基地であり、散歩と静かなピクニックのための場所になりました。

現在、チャールズ3世王となったウェールズ王子とウェールズ王女ダイアナは、バルモラルで新婚旅行を過ごしました。 伝統的に、賞は毎年王の招待を受けて城にしばらく滞在し、他の人よりも多くの人が訪れます。

Balmoralは、1997年にダイアナの死の余波に焦点を当てたテレビの「The Crown」と映画「The Queen」の背景として顕著に登場しました。

灰色の雲が浮かんでいても、ディ川に二分される雄大な田舎の美しさには疑いの余地はありません。 いくつかの説明によると、生涯の間に馬、犬、田舎の生活を愛するエリザベス女王は、他のどこよりもバルモラルでより幸せで、時には少し匿名を楽しんだ。

かつては城が近くにあることを知っていた2人のアメリカ人観光客が彼女と保護官リチャード・グリフィンを散歩するように近づいた。 彼らは彼女に気づかず、彼女が女王に会ったかどうか尋ねました。

「私は一人もいませんが、ここでディックは定期的に彼女に会います」と女王は答えました。

クレジット取引…Andrew Milligan/メディア協会、AP通信を通じて

金曜日、北アイルランドのベルファスト出身の引退したオフィスマネージャーである70歳のアイリス・スティーブンソン(Iris Stevenson)も、女王と偶然の出会いを持っていたと話しました。 彼女は2年前、夫と共にミューイック湖の近くを歩いていたが、レンジローバーSUVが接近したときに断線道路の横に立っていたと話した。

定期的にこの地域で休暇を過ごし、金曜日に敬意を表するために来たスティーブンソン氏は「私たちはそれが通り過ぎるために立っていて女王が運転をしていたし、彼女はただ私たちに感謝するために手を上げました」と話しました。 。

彼女は「私は彼女が素晴らしい人だったと思う」と言った。 「彼女は長い間家族と全国を共にしており、96歳で最後まで働いたことは驚くべきことです」。

彼女は「彼女は死ぬ日まで働いたと言える」と付け加えた。

金曜日、エリザベス女王のスコットランドの愛は、花束と一緒に残されたいくつかの貢献で報われました。 その一つは、有名なスコットランド詩人ロバート・バーンズの言葉を引用したことです。

「私の心は高地にあり、私の心はここにありません。

私の心は高地にいて鹿を追っています。

野鹿を追いかけ、卵を追いかけ、

私の心は私が行く場所ごとに高地にあります。

高原にさよならを、北にさよなら、

価値の国、Valorの発祥の地」

AberdeenshireのWesthillから来たShona Leonardも女王に敬意を表し、彼女の力は安定と一貫性の一つであるだけでなく、統合する力だと指摘しました。

彼女は女王の母親がスコットランド王室の子孫であるという事実に言及しています。 「彼女は地元の人を知っていて、ここを本当に愛していました」と地元の店で花が見つからず、代わりに鉢植えのLeonard氏が付け加えました。 「彼女がしたこと、彼女が国をひとつにまとめた方法は驚くべきことだ」

一部のイギリス人の訪問者も、バルモラルがエリザベス女王の長い統治を終えるのに適した場所であることに同意しました。 これには、イギリス北東部のダーラムにある営業担当者であるDavid Blenkironが含まれていました。 金曜日の午前6時に近所のスーパーマーケットで入手できる唯一の花を持って1時間以上車を運転してバルモラルに行った。

クレジット取引…ハンナ・マッケイ/ロイター

Blenkiron(49歳)は「彼女はいつもそこにいたので、正しいことだと思いました」と言いました。 Blenkiron(49歳)は言いました。 彼は幼い頃、1977年の祭りに出席したストリートパーティーを思い出し、まだ記念コインとビーカーを生産していました。 ケースを表示します。

「彼女は私の一生の間女王だった」と彼は言った。 「私は他のことを知らなかった」

彼は王冠をチャールズ王に渡すことが調整になることを認めた。 彼は国の通貨に言及しています。 ブレンキロン氏は、愛国家の合唱が「神様で女王を救いなさい」から「神が王を救いなさい」に変更されたことについて「私たちは数年間間違った歌を歌うことになるだろう」と予測した。

それでも彼は注ぐ雨の中に立って声に感情を込めて付け加えた。 彼女はそれが好きだった」

クレジット取引…ハンナ・マッケイ/ロイター
READ  霧の中で船舶の衝突後、中国青島港の近くの油流出

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close