経済

チュニジア、日 – アフリカ経済協力会議の開催

日本がアフリカの成長と安全保障を促進するために3年ごとに開催するイベントであるアフリカ開発に関する東京国際会議(Tokyo International Conference on African Development)のため、アフリカの国家元首、国際機関代表、民間企業指導者たちが土曜日にチュニジアに集まった。

COVID-19大流行による経済的影響、ウクライナでのロシア戦争によって悪化した食糧危機、気候変動は、多くのアフリカ諸国が2日間の会議を定義すると予想される課題の1つです。

アフリカ諸国間の緊張も会議に影響を与えた。 金曜日に、モロッコはイベントボイコットを発表し、チュニジア駐在大使を呼び、叙事せず独立のために戦うポリサリオ戦線(Polisario Front)運動代表が含まれたことに抗議しました。

この会議は、ロシアと中国がアフリカで経済やその他の影響力を拡大するために努力して行われた。

チュニジア首都チュニスで開かれたイベントにはアフリカ諸国及び政府を伴う30人余りが参加したが、首脳会議を控えてコロナ19確定判定を受けた岸田文夫日本首相をはじめとする主要会談が遠隔で行われている。

日本政府は1993年に最初のTICADサミットを作成し、主催しました。 現在、この会議は国連、アフリカ連合、世界銀行と共同で組織されています。 サミットは、20 アフリカ諸国で 26 の開発プロジェクトを作成しました。

今年は特に起業支援と食料安全保障イニシアチブに焦点を当て、アフリカへの日本の投資の増加について議論することが予想されます。 日本は1億3,000万ドルの食料援助とともに米の生産を支援する計画だと明らかにした。

米国国防省傘下の学術機関であるアフリカ戦略研究センター(Africa Center for Strategic Studies)は、会議形式を「政府、企業、市民社会の指導者が同等に参加する」スイスのダボスで開かれる年次世界経済フォーラムに例えた。

しかし今週末の首脳会談は最近、食糧やガソリン不足が急増するなど、深刻な経済危機に直面したチュニスで議論を呼び起こしました。

批評家は、主催者が会議のサミットを準備するために、よりきれいな距離とインフラの改善を見た都市の「ホワイトウォッシング」について話しました。 ある地域の評論家は、北アフリカの首都が参加者に深い印象を与えるために化粧をしたように見えたと述べた。

一方、チュニジアメディア労組は金曜日首脳会談関連の報道及び情報制限を糾弾する声明を発表した。

モロッコの苦情は、チュニジアでPolisario Frontリーダーに出席するよう招待されたことから来ました。 モロッコは1975年にスペインで叙事原を合併し、ポリサリオ戦線は1991年に休戦するまで独立国家にするために戦った。 モロッコでは、叙事原に対する権威の国際的認識を追求する非常に敏感な問題です。

モロッコ外務省は声明を通じて「チュニジア国家首脳が分離主義民兵隊の指導者を歓迎したことは深刻で前例のない行動でモロッコ国民の感情を大きく傷つける」と話した。

モロッコは会議から脱退し、協議のために大使を召喚すると発表した。 しかし外交部は今回の決定が「アフリカの利益のためのモロッコ王国の約束に疑問を提起しない」と話した。

READ  Lastminute.comは1万ポンドの休日払い戻しを返済していない限り、法的措置に直面します。 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close