理科

チリの砂漠で「空を飛ぶための「化石発見

チリの科学者たちは、南半球で初めて発見された、いわゆる「飛び回る用」恐竜の化石を発見した。

初期の翼竜のジュラ紀時代の生物が、チリのアタカマ砂漠で古生物学者たちによって発見されました。

1億6000万年前の地球を歩き回った「用」は、長く尖った尾と翼、先の尖った先のとがった歯を持っている。

以前は、北米でのみ発見されたこの遺跡は、アタカマ砂漠自然史文化博物館の館長であるオスバルドロハスが発掘しました。

今回の発見は、ゴンドワナ(Gondwana)と呼ばれる超大陸で接続されたものとされる北アメリカと南アメリカの間の種の移動を示唆している。

調査を率いた、チリ大学の科学者であるジョナタンアラルコン(Jhonatan Alarcon)は「これは、このグループの動物分布が、今まで知られているよりも広かったことを示している」と述べた。 ロイターに語った

この発見は、北米と南米の間の「飛んでいるの」恐竜の移動を意味します。
アッラー米ストックフォト

Alarconは「キューバのもこのグループの翼竜があり、これは海岸動物だったようですので、彼らは、北と南の間を移動したり、一度来て留まっ可能性が最も高くなります。」と言いました。

アタカマ砂漠は化石発見のホットスポットになりました。 荒れ果てて火星のように見える風景は、先史時代に海水に浸っていました。

発見の詳細は、Acta Palaeontologica Polonicaジャーナルに掲載されました。

電線を含む

READ  新型コロナ]世界の感染者2400万人以上、ヨーロッパとアジアの拡散驚くべき - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close