スポーツ

チームカナダのCEOが北京ゲームを心配していることを認める

北京冬季オリンピックの開会式が1カ月前に近づいてきた中、カナダオリンピック委員会(COC)最高経営者(CEO)は、オリンピックが計画通りに進められるかどうか、ますます懸念されると話した。

COCのCEOであるDavid Shoemakerは、新年の前日のインタビューでCBCとのインタビューで「私たちは心配しています。」

「しかし、私たちは毎日それを受け入れ、毎朝起きて、それがまだ私たちが感じる方法であることを確認しています.」

先月、NHLは男子アイスホッケートーナメントに選手を送らないと述べた。

土曜日現在、NHLはCOVID-19関連の理由で90試合を延期しました。

アルパインスキー、ボブスレー、カーリングなど他の冬季スポーツもオリンピック予選の試合に支障をきたした。

Shoemakerは、COCが2020年3月のように北京にプラグを抜くことを躊躇しないと言った。

東京オリンピックは以後1年延期された。

「私たちはまだIOC(国際オリンピック委員会)との演技について話をしていませんが、私たちは冬季スポーツ参加国と非常に頻繁に会話をしており、すぐに出てきます」とShoemakerは言いました。

現在、COCの最大の懸念は、選手がCOVID-19に対して陽性を示さず、中国で3〜5週間の隔離に直面せず、北京の泡に落ちることです。

シューメーカーは「医学専門家たちも同意し、2月オミクロンで最も安全な場所は北京のオリンピック泡になるという意見が一致する」と話した。

「今後30日間、私たちにとって本当の課題は、カナダの参加者がウイルスに感染せずに北京に到着し、そのシナリオに入るために音声テストを受けることができるようにすることです」

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  プレビュー:日本のvs. ミャンマー - 予測、チームのニュース、ラインナップ -

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close