経済

ツイッター、有料ユーザーのための「送信キャンセル」機能ナビゲーション

Twitter Inc.はツイートが投稿される前に、ユーザーがツイートを撤回することができる短い時間を提供する「送信取り消し」機能をテストしていると同社は金曜日に確認しました。

サイトのコードを見て、未公開ソーシャルメディア機能を発見したアプリ研究Jane Manchun Wongは短いタイマーが終了する前に、「元に戻す」ボタンを使用することができますスペルミスがあるツイートを表示アニメーションをツイートしました。

Twitterの広報担当者は、この機能がプラットフォームでサブスクリプションが動作することができる方法についての会社の探求の一環としてテスト中だと述べた。 彼女はTwitterのは、時間の経過に応じて有料の機能をテストして繰り返すと言いました。

ツイッターは、今年発売される独占コンテンツへのアクセス権をユーザーがフォロワーに請求することができる「スーパーフォロー」機能を含む広告収入への依存度を減らす有料サブスクリプションモデルを開発中であると明らかにした。

CEOのJack Dorseyは以前にユーザーが長い間追求してきた機能である「編集ボタン」がサイトにないと言いました。

しかし、Twitterのは、ユーザーが記事を共有する前に読んで確認するようなツイートを送りながら、より多くのプロンプトを導入しており、有害な言語を使用している場合、発行される前に、人々がツイート返信を変更できるようにする実験をしています。

同社は昨年、サブスクリプションモデルを使用して、人々がどのような機能を使用したいかどうかを尋ねるユーザー調査に可能な「送信キャンセル」機能を盛り込んだことで知られました。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  「プッシュ株式」韓国BTS週4日半額に100万円が50万円になっても、「投資と愛」は両立するか(山崎俊輔) - 個人 - Yahoo!ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close