トップニュース

テクスチャ、コスパにMSの本気を感じる “Surface Laptop Go」実機レビュー…最近「すぐ」のノートPC | Business Insider Japan

マイクロソフトの普及帯モデル「Surface Laptop Go」は、どの程度「使用」ノートPCなのか。

撮影:小林優多郎

日本のマイクロソフトは10月13日新型ノートブックPC「Surface Laptop Go “を直販サイトや家電量販店などで発売した。

SurfaceノートパソコンGoは10月1日に発表当初からWindows PCに十分な性能と最小の構成で8万4480円(税込)は、「コスパの高さ」が注目を集めていた。

今回は、個人直販モデルの最上位機種に対応する、Core i5メモリ8GBストレージ256GBアイスブルーバージョン(税込12万6280円)の実機を触ってから第一印象を報告している。

この価格帯では考えていない実用的なディスプレイとキーボード

後

アイスブルーSurface Laptop Go。 凹凸がほとんどないケースデザインSurfaceシリーズ共通のもの。

撮影:小林優多郎

PCは「ツール」である以上、あまりにも安いPCを購入の利点を見ることは何もない……というのが筆者の持論である。

しかし、すべての人が高負荷がかかるゲームとクリエイティブツールを使用したいわけではない。

ウェブを検索することができ、文字が快適に打つことができ、持ち運びが可能な……そのような要求を満たすのが、このSurface Laptop Goある。

ディスプレイ

画面のフレームがやや狭めで、角が本体と一緒に丸くなっているのが非常に印象的である。

撮影:小林優多郎

まず注目すべきは、やはりディスプレイである。 12.4インチ1536×1024ドットのPixelSenseディスプレイは、他のSurfaceシリーズに比べると、やや精度にかけるが、高輝度タッチ操作にも対応している。

3対2の割合を採用しているものと、画面の縁もそこそこ細いので、本体サイズにワークスペースはかなり広く、窓を複数開いても快適である。

日本語キーボード

「変換」「無変換」の代わりに「あ」「A」キーを搭載している。

撮影:小林優多郎

続いて重要なキーボード。 ストローク(キーを押したときの深さ)は、浅いすぎず深すぎず、個人的に疲れを感じる。 また、入力音は、スペースバーを除いては、静か、この文書を実際に打っても、あまり音を出さずに作業が可能だった。 カフェや出張などで仕事をこなす機会が多い人は、この点にも注目しておけばいいだろう。

Surface Laptop Goは、日本語関連のキー配置が異なるSurfaceシリーズとは別の形で刷新されている。 日本語IMEを選択すると、「あ」のキー逆IMEをオフにするには、「A」キーがスペースバーの両側にある。 ここでは、伝統的な「変換」「無変換」キーがあるところである。

MacBook AirとSurfaceのノートGo

MacBook Air(左)とSurface Laptop Go(右)のキーボードとトラックパッド。

撮影:小林優多郎

機能と位置的にアップルのMacBookシリーズと外付けキーボードの「Magic Keyboard」を使用しているユーザであれば、アシルある(「あ」=「か」、「A」=「英数」キーのみ)。

筆者は、他社のWindows PCにもMacも日常的に使用しているので、特に違和感なく「ああ」「A」キーを受け入れられた。 むしろ一つのボタンを押すと、必ず日本語または英語または切り替えられるので、JIS(日本)配列キーボード好きとしては、他のSurfaceやメーカーも標準搭載して欲しいくらいだ。

指紋センサー

上位モデルは、電源キー、Windowsログイン時などに使える「指紋センサー」になっている。

撮影:小林優多郎

さらに、エンターキーが少し薄いことで、上下カーソルキーが半分の大きさしかなく、電源キー(上位モデルでは、Windows Hello指紋センサーを内蔵する)が気にならなければ、特別なフレーズをつけたくなる要素はないだろう。

適切に使用すれば、メモリ8GB以上のモデルを選択するものである

厚さ

非常に薄いケース。 端子類は右側面Surface Connect充電端子、左側面にはUSB Type-A、USB Type-C端子、イヤホンジャックがある。 Type-C端子にはUSB PDの充電と、画面出力も可能である。

撮影:小林優多郎

さて、ディスプレイもある程度きれいにキーボードも問題なく使用することができる。 で気になる性能は……というと知っていることをしたり、マクロなどを使用していない軽いOfficeファイルを編集する方は十分に感じた。

実際には、この原稿を書くためには、次のような環境で作業をみたが、特にかかってなく作業することができた。

  • セカンダリディスプレイをUSB Type-Cで接続します。
  • エクスプローラを一つ表示します。
  • Microsoft Edge(ブラウザChromiumベース)で、3つのウィンドウで、合計5つのタブが表示されます。
  • メモ帳を一つ表示します。
  • タスクマネージャを一つ表示します。

タスクマネージャ

現在「タスクマネージャ」の様子。 メモリはあり支障がないだろう。

スクリーンショット

4K(3840×2160画素)の解像度のディスプレイに接続していたせいか、常に廃熱のためのファンの方向ままその音は気になったが、他のPCに比べて特筆し、ファンの音が大きいと感じなかった。

ただ、上記の状態で、メモリの使用率は、常に50%(4GB)前後となっていたため、余裕を持つためにも、ビジネスマンが選ぶなら、メモリ4GBの最小構成モデルではなく、メモリ8GB、ストレージ128GBモデル以上を推奨したい。

シネベンチ

定番ベンチマークソフト「CINEBENCH Release 20(Microsoft Storeバージョン)」で測定した結果連続5回実施したときの平均スコアは「1025」

スクリーンショット

そうなれば、価格は直販モデル10万2080円で、近所の人、少なくとも1万7600円以上アップされる。 しかし、日常的に使用することで、今後2〜3年は使用できると考えると、快適性のために支払わなければならないコストとすることができる。

Chromebookどうしても使用することができない人に最適

Surface Laptop Go前面

ある程度安く “を使用” WindowsノートPCが必要な場合、「購入」。

撮影:小林優多郎

新型コロナウイルス感染拡大の影響で在宅勤務や遠隔授業が珍しいものではなく、PCの需要は一気に拡大した。

家電量販店などの店頭では、PCを盛大にPRしているだけでなく、アメリカの教育市場などで一定のシェアを確保している」Chromebook「日本の店舗でも多く見られるようになるなど、競争がさらに激化している。

冒頭で述べたように、調査ものやOfficeファイルの編集があれば良いというタイプにChromebookもSurface Laptop Goも非常に魅力的な価格の製品である。

Windows 10S

Surface Laptop Goは、アプリケーションのインストールなどの制限がある「S mode」のWindows 10 Homeを搭載しているが、買い手は数回のクリックで、通常のバージョンのWindows 10 Homeに転換される。

スクリーンショット

しかし、Chromebookで行うことができないことなどは意外といる。 特にWindowsアプリケーションが動くという利点が大きい。 筆者の知人は、アドレス帳ソフトやFXなどの金融ソフト比較的負荷の少ないゲームなど「特定のWindowsアプリケーションがないと、メインマシンになることができない」と考えている人はかなり多い。

これまで既存のWindows PCを使用していたユーザーになるべく予算も抑えられ、快適に使用するPCに一定の支持を得ることができるバランスのとれたシステムではないかというのがシルギウル使用感想である。

マイクロソフトSurface Laptop Go 12.4インチOffice H&B 2019搭載/ 10世代インテル®Core™i5-1035G1 / 8GB / 128GB /プラチナTHH-00020

注:この資料では、Business Insider Japan編集部がオススメ製品を紹介しています。 リンクを介してアマゾンで商品を購入すると、編集部とAmazonとの提携契約により、編集部が一定の割合の利益を取得します。

(文章、撮影小林優多郎

READ  日本は2030年までに、アンモニア燃料の需要を年間300万トンに増やすことを目標にします。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close