スポーツ

テニス、日本大阪、センターコートゲーム開幕戦で再び注目

クアラルンプール、7月23日(ロイター) – 日本のナオミ大阪(Naomi Osaka)が2ヶ月前の精神健康休息を取った後、ホームの観客が最も好きな最初の競技であるセンターコートでオリンピックキャンペーンを開始し、土曜日スポットライトで戻ります。

4回のグランドスラムチャンピオンであり、世界第2位の大阪は精神的健康のために大会の記者懇談会をすべてスキップにした議論の中で、5月、フランスオープンで脱落した後、試合に出ていない。 – 存在。

しかし、彼女のすべての主要な勝利は、東京で使用されているのと同じハードコートで行われ23歳の選手は女子シングルスと男子シングルスそれぞれ64人で構成されたフィールドで、開催国の日本の最も強力な金メダル候補の一人として広く知られています。 それはスポーツの最も大きい名前のいくつかを逃しています。

コロナウイルス大流行制限が強化される中、スイスのロジャー・フェデラーとスペインのラファエル・ナダルは、それぞれ複数回のグランドスラムを達成しており、USオープン男子チャンピオンのドミニクチームと一緒にオリンピックを控えて撤退しました。

女子シングルスでは、それぞれ4つの金メダルを獲得したアメリカの姉妹であるSerenaとVenus Williamsのようにスラム2回優勝者であるSimona Halepが欠席します。 別のアメリカの選手である10代のココガウプ(Coco Gauff)は、今週初めCOVID-19に陽性反応を示した後、退場しました。

また、オリンピックデビューを控えた大阪の場合には、現地時間で午前11時(0200 GMT)に開始される予定の大会で東京都心有明テニスパークで開かれる開幕ラウンドで、世界ランキング52位の中国の情報の間に間(Zheng Saisai)を破り挑戦が始まります。 )。

大阪はブロックバスター準々決勝で2020年全仏オープンチャンピオンIga Swiatekを満たす可能性があり、世界の1位のオーストラリアのAshleigh Bartyは引き分け相手を待っている。

今月初めTime Magazineに寄稿したエッセイで、大阪は、裁判所から退いた彼の決定を支持したが、今オリンピックで日本を誇りにする準備ができてたました。 続きを読む

大阪は「オリンピック自体が特別なしかし、日本のファンの前プレーする機会を持つようになったのは、夢が現実になった」と書いた。

ジョコビッチ「ゴールデンスラム」チャンス

46カ国の選手が東京の強烈な夏の暑さのために複雑になることができる大会でオリンピックの栄光を競うことになります。 気象庁は、オリンピックが進むにつれて気温が摂氏33度まで上がると予想しています。

国際テニス連盟(International Tennis Federation)のスポークスマンは、ロイター通信に熱が過度たり雨が降る場合センターコートの屋根を閉鎖することができると確認した。

ノバクジョコビッチ(Novak Djokovic)はセンターコートの最初の手順を完了して「ゴールデンスラム」を達成した最初の選手になるための旅を開始します。 一年に4つのグランドスラム大会ですべて優勝してオリンピックシングル金メダルをとったものです。

ドイツシュテフィ・グラフ(Steffi Graf)は、これまで1988年のゴールデンスラムを獲得した唯一の選手だが、1位ジョコビッチが東京で優勝し、8月にUSオープンのタイトルを獲得すれば、すぐに彼女の業績に匹敵するものです。

今年全豪オープン、ロラン横、ウィンブルドンで34歳の選手が優勝したことは、すでに彼はライバルであるフェデラーとナダルとそれぞれ20個のグランドスラムタイトルを獲得したことを意味します。

ジョコビッチは開幕戦で、ボリビアのヒューゴデリー円と139位を走っており、2016リオ五輪で銅メダルを獲得した、日本のケイ錦織(Kei Nishikori)または5シードアンドレイルーブルレフ(Andrey Rublev)と準々決勝を控えている。

セルビア人は、準決勝になる可能性がある4シードのAlexander Zverevを相手に5連勝を続けることができます。

Rozanna Latiffの報告; Sudipto Gangulyの追加レポートKenneth Maxwellの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  野球の伝説ハンクアーロン、86歳死亡

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close