スポーツ

テニス| ナオミ大阪、3ラウンドのUSオープンで退場、ゲーム内の別の休憩を考慮中

~~

[3.11 Earthquake: Rebuilding]    10年後:世界と一緒にする東北の回復と回復

ディフェンディングUSオープン女子シングルスチャンピオンナオミ大阪のタイトルの希望は、9月3日にニューヨークで開催された世界ランキング73位レイラ・フェルナンデスとの3つのラウンドで終わった。

大阪は18歳のカナダ人相手に5-7、7-6(7-2)、6-4で脱落した。

敗北の後、4回のグランドスラムチャンピオンであり、現在、世界3位の選手は、彼女がスポーツから別の休憩を取ることを考慮してと言いました。

“基本的に、私は私は何をしたいのか理解しようとしているこの時点でらしく正直次のテニスの試合をいつになるか分かりません。 しばらく試合を休ませになると思う。」 涙を流す大阪が試合後記者団に語った。

23歳の彼は、「最近優勝した時幸せでない、むしろ安堵感を感じるようです。」と付け加えました。 「次にたときに非常に悲しかった。 正常ではないと思います。」

大阪の不満は、試合を通して沸き上がった。 彼女は一度はラケットを投げ、他の一度のハードコートを打ちました。

大阪はパトリシアマリアティーグ(Patricia Maria Tig)に1ラウンドの勝利を収めたか、一日だけで5月31日、フランスオープンで脱落した。 彼女は試合後の記者たちに話をしていないことについて$ 15,000の罰金を課す受け、トーナメントの前に彼女がトーナメントでメディアボイコットをすると発表し、後で彼女がうつ病に対処していると言いました。

7月23日に開かれ、開会式でオリンピック聖火台に足をかけた後、東京オリンピックに復帰した日系ハイチ選手。

2018年のUSオープンで初のグランドスラムタイトルを獲得した大阪はオリンピック女子シングルス3回戦でチェコのマルシェ他フォンドリューそばに6-1、6-4で敗退した。

彼女は8月31日、USオープン第1ラウンドでチェコの頭ブースコバ選手を6-4、6-1で破った。 大阪は、セルビアの相対オルガ通うロバが病気に脱落した後、棄権3ラウンドに進出しました。

大阪は9月ビクトリアアザレンカー1-6、6-3、6-3で下し第二のUSオープン優勝を占めた。

著者:エドオーデ所

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日やTwitter @ed_odeven。

READ  「私はとても〜 "阪神ドラ1佐藤V弾2発、守備も軽快 - おそらく野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close