エンターテインメント

テンセント、ゲーム需要に応じて日本に第3データセンターを開設

北京 – Tencent Holdingsは、オンラインゲームやライブストリーミングシステム用のクラウドサービスの需要が高い日本に3番目のデータセンターを開く予定です。

Tencentの日本ビジネスは、ゲーム用クラウドサービスに支えられ、3桁の年間成長を記録していると、同社の国際クラウド運営上級副社長Poshu YeungがNikkeiとのインタビューで語った。

「私たちはデータセンターのための3番目のサイトを検討しています」と彼は言いました。 「私たちは経験があるので時間がかかりません。」

2019年に日本のクラウド市場に進出した中国技術大企業は、データセンターに対する日本の収益や資本支出を公開していない。

日本では、Tencentも数十のテンプレートでメタバスの作成をサポートするサービスを木曜日にリリースする予定です。 これは、クラウドアバターの作成とライブストリーミングのために会社が1月に開始したサポートサービスのアップデートです。 このサービスは依然として顧客の技術のカスタマイズを必要とするサービスです。

Yeungは「さまざまなテンプレートを提供することで、顧客の負担を軽減できます」と述べた。

ポシュ・ヤング(Poshu Yeung)の上級役員によると、Tencentは、日本と韓国のゲーム会社が顧客基盤を拡大できるように支援するために専門性を活用すると述べた。 (写真提供=テンセント)

2016年に海外市場に参入したTencentは、現在10以上の国と地域に参入しています。 Yeungによると、現在、同社は「ブラジルとインドネシアに新たに追加されたデータセンターを中国外で30個」運営しています。

韓国と日本は、ゲームなどのエンターテイメント部門の需要が堅調であるという点で同様の市場です。

Yeungは、「テンセントは、ゲーム分野での経験を活用して、日本と韓国のゲーム会社が顧客基盤をブラジルと東南アジアに拡張できるように支援する」と述べた。

彼は「ヨーロッパで企業と中国事務所を結ぶように設計されたクラウドサービスに対する注文が増えている」と話した。

Yeungによると、米国企業は貿易摩擦の中で中国のクラウドサービスをあまり避けていません。

READ  東京ゲームで森を受け継ぐ川淵

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close