トップニュース

テントグルー、日本のくださいカー6位、ギリシャ1位走り幅跳びの金メダル

日本のくださいカーユキは月曜日東京五輪男子走り幅跳びで小麦ティアディステントグルーが、ギリシャの最初の金メダルを抱かながら6位を記録しました。

Hashiokaは六番目と最後の試みで8.10mを走りTentoglouも最後の試行で8.41mを越えJuan Miguel Echevarriaの記録と一致して、2番目に優れたキューバを前になります。 キューバメイケルマソ(Maykel Masso)は8秒21で3位を記録した。

日本のくださいカーゆきが2021年8月2日、東京・国立競技場で行われた東京五輪男子走り幅跳び決勝で演技を広げている。 (教徒)(SELECTION)==教徒

くださいカーの6位の記録は1984年のロスアンジェルスのゲームでJunichi Usuiが7位を記録した後、日本選手としては最高でした。

22歳のくださいカー(Hashioka)は「失望に思います。状態がそう悪くはなかったが、クリックがうまくいかない部分があった、もう少しうまくできたのに気がします。」と言いました。 “最後に、8メートルを超えることができて、それに肯定的でした。」

「(37年ぶりに日本最高の決勝戦だったのは、)日本が大会でどのよう遅れてきたかを示しており、パリオリンピックを控えた日本の陸上も良いスタートです。来年には海外にベースを置く。難しいことを経験しながら、国際舞台でより強くなるために」と述べた。

他のイベントでは、田中希美が4分2.33秒を記録して女性1,500個予選で自分の日本記録を再作成して準決勝に進出したが、Ran Urabeは4分07秒90で失った。 オランダSifan Hassanが決勝序盤に転倒にもかかわらず、すべてを抜いて予選1位を占めています。

Jasmine Camacho-Quinnは12秒37で女性100ハードルで優勝して、日曜日の準決勝で立てたオリンピック記録である12秒26とかなり一致していませんが、プエルトリコの選手は、彼女の最初の金メダルに十分です。

米国のケンドラ・ハリソン(Kendra Harrison)が12秒52で銀メダル、ジャマイカのミーガンステッパー(Jamaican Megan Tapper)が12秒55で銅メダルを獲得した。

100人の銅メダリストのShericka Jacksonが準決勝進出に失敗し女性200人の予選で驚くべきことがありました。

ジャマイカのは、熱を式むしろしたが、決勝ではあまり抜け、最終的に23秒26で4位を記録しました。

READ  日本、より多くの人口のためのワクチン接種スケジュール未定| 世界| ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close