エンターテインメント

ディズニー、+、11月に韓国、台湾、香港のリリース – ハリウッドレポーター

Walt Disney Co.は木曜日Disney +が2021年11月に韓国、香港、台湾で発売されると発表しました。 3つの成熟したアジア市場の追加は、初期消費者に直接サービスのもう一つの加入者の増加を提供するものであり、アナリストを凌駕します。 今週第3四半期実績報告書で予想よりも100万人より多くの1億1,600万人の加入者を追加して1300万人の加入者を追加しました。

Disney +は、現在、オーストラリア、ニュージーランド、日本、シンガポール、インド、マレーシア、インドネシア、タイ、アジアで使用することができます。 Disneyは木曜日にDisney +の有料ユーザーごとの平均月の売上高(ARPU)が前年同期$ 4.62から$ 4.16に減少したと明らかにした。

しかし、同社は、Disney +が10月に日本で展開され、Starブランドの追加一般エンターテイメントコンテンツを提供することを言いました。 韓国、台湾、香港の3つの成熟した市場の追加と加入費が米国市場と同様の、日本の拡張と結合されて、今後の四半期に、アジアのARPUを高めるのに役立ちています。

地域コンサルティング会社であるMedia Partners AsiaのマネージングディレクターVivek Coutoは「Disney +は、過去1年の間にアジア太平洋全域でStar GEブランドを立ち上げたり、追加した先々でSVODカテゴリーを意味のある成長させるのに役立ちました。 Coutoは「今後ARPU加入者の増加は、プレミアム韓国ストーリーテリングと日本の実写化の材料投資、特に韓国で初めてディズニーのエンターテイメントフランチャイズが誕生しました。」

ディズニーの第3四半期の売上高は木曜日、全体的に170億ドルの売上高を記録し強さを見せました。 市場コンセンサスは168億ドルの売上高のことでした。 株当たり利益は0.80ドルで、推定値0.55ドルを上回った。 同社の株価は、市場の後の取引で10%以上上昇しました。

大流行に最も大きな打撃を受けたが、会社のテーマパーク事業は、鼻ビーズ-19以来初めて黒字を出し43億ドルの売上高と3億5,600万ドルの収入を上げた。 ディズニーCFOクリスティン・マッカーシー(Christine McCarthy)は、ディズニーワールドが現在の最大収容人数に近い運営されてと言いました。

ウォルト・ディズニー・カンパニー、アジア太平洋地域のルークカン社長は「消費者が多様なエンターテイメントコンテンツを探して、私たちのブランドとフランチャイズポートフォリオに魅力を感じながら、アジア太平洋地域でDisney +の反応が私たちの期待を跳び超えました。 「我々は、市場で形成された加入者の増加とのパートナーシップに満足し、この地域のより多くの消費者とのコミュニケーションすることを期待します。」

READ  「再起動」:二度目のチャンスのための家のような場所はありません。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close