スポーツ

ディフェンディングチャンピオンインドスラッシュジャパン6-0

ディフェンディングチャンピオン インドは日曜日、バングラデシュダッカで開催されたアジアチャンピオントロフィー男子ホッケートーナメントラウンドロビンステージで日本を6-0で破って無敗を記録しました。 (ホッケーニュースをもっと見る)

Harmanpreet Singh(10分と53分)がゴールを決め、Dilpreet Singh(23位)、Jaramnpreet Singh(34位)、Sumit(46位)、Shamsher Singh(54位)もMaulana Bhasani Hockey Stadiumでインドのスコアシートに名前を登録しました。 。

すでに準決勝進出を確定したインドは勝点10点で韓国(6)、日本(5)、パキスタン(2)、開催国を抜いて5カ国トーナメントラウンドロビンステージを1位に終えた。 バングラデシュ(0)。

インドの3番目のトロット優勝だった。 閉幕戦で韓国に引き分けを記録したManpreet Singhが率いるチームは状況を反転させました。 バングラデシュを9-0に破り、最大のライバルであるパキスタンを破り、日本の挑戦を容易に克服しました。

インドの準決勝相手はまだ決まっていない。

圧倒的な勝利は、自信に満ちたトーナメントのビジネス仕上げに向かうインドにとって大きな力になります。

アジアゲームの金メダリストである日本をすべての部門で完全に圧倒した。

インドは前半を支配した。 彼らは1クォーター前半の6分以内に2回の連続ペナルティコーナーキックを獲得しましたが、どちらも切り替えることができませんでした。 しばらくして、日本は彼らのストライカーがシュートを飛ばしてペナルティコーナーキックを無駄にしました。

インドは引き続き攻撃し、別のPCを受けました。 今回はHardik Singhが完全にボールを注入し、Harmanpreetがホームに飛び出してホルダーに1-0リードを与えました。

ベテランLalit Upadhyayがシッターを逃さなかった場合、1クォーターの終わりに2-0になることができました。

2クォーター5分で日本はPCを、インドは判定を下したが、テレビ審判は日本を否定する決定的な証拠を見つけることができなかった。

23分、Mandep Singh、Shilanand Lakra、Dilpreetのトリオがよく結合され、Dilpreetがインドのリードを2倍にしました。

日本も攻撃したが、インドの守備陣はオリンピック銅メダリストが2ゴールをリードしてブレーキをヘディングしながら試みを無産させた。

日本は後半に攻勢を始めたが、ジャラマンプリエットのクリーンなストライクによって第3ゴールを決めたのはインドだった。

36分に決定的なPCが登場すると、日本は機会を狙ったが、正規ディフェンダーP Sreejeshの不在で光を放ったインドのスーラス・カルケラ・ゴールキーパーが絶妙な前方に防いだ。

日本は数学的に攻撃しながら、もっと多くを試しました。 インドが押され、日本は田中健太が単独失点でインドの守備を崩す機会を狙ったが、カルケラがもう一度攻撃を無散させた。

日本はインドの守備を試み続けたが、後方は優勢だった。

インドは4クォーター前半のスミットが得点し、日本にもっと大きな苦痛を抱いた。 Harmanpreetは2番目の試合のためにゴールの右上隅にあるボールをスマッシュして5-0にしました。

2分後、後輩のシャンシャとシラナンドが素敵に結合し、シャンシャがインドの6番目のゴールを決めました。

日本は得点のために最善を尽くしたが、インドの守備陣を突き抜けなかった。 インドの支配力は、相手に与えられた5つのペナルティコーナーをすべて防御しました。

READ  毎ベンチはロッテ美馬交換を「望んでいた?」の元コーチが分析勝負を分けた継投| Full-Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close