トップニュース

デカEインクタブレットOnyx Boox Max Lumiレビュー:好き好きですが、この価格では、自分自身を納得させることはできません! | ギズモ・ジャパン

高いです。

個人的にはKindle Paperwhiteを長く愛用してE Inkの端末愛のために気になるところ。 タブレットのテーマに黒と白のでしょう? 何人は甘い。 隋も甘いも噛み分けていくと、黒と白のだから良いとすることができている製品です。それでも白黒価格やかなり強気だと思っていたのが、電子インクのタブレットオニキスBoox Max Lumi。 米Gizmodoが気になるレビューをしてくれています!


最近の混乱たいガジェットがあります。 それは注目すべき2。 編集部のAndrew記者が絶賛して、紙が必要ない最高のライティング体験というのが気になって気になってたくてたまりません。 さて、reMarkable 2筆記に特化した端末で450ドル(約4万7000円)。今回、私のレビューした13.3インチオニキスBoox Max Lumi同じEインクのタブレットでもマルチタスクです。 筆記はもちろん、動画再生も、読書もネットサーフィンも可能である。 そして、すべてのものを照らすフロントライト搭載。 良い。 確かに良い。 しかし、好き<愛だとすれば、愛と言うかは迷っラインであることでしょう。

Boox Max Lumi

写真:Alex Cranz / Gizmodo

これは何ですか? :13.3インチの電子インクタブレット。 モニターにもなる。

価格:880ドル(9万8700円前後)。

良い点:応用力が簡単に素敵な。

残念である:大規模な、すごく高い。

最初に比較しておいてですが、公平を期すために先に言っておくと、元のEインクタブレット理由だけで、reMarkable 2とOnyx Boox Max Lumiを比較することはナンセンス。 例えるなら、ナイフ、マルチキッチンツールを比較するようなものがあります。 reMarkable 2紙と鉛筆を電子インクに置き換えるに重点を置いて設計された端末。 スクリーンが光らないのは、この筆記感に影響を与えると考えているから。 一方、Onyx Boox Max Lumi筆記は多くの機能の一つに過ぎないので、フロントライトを搭載しても問題なく、むしろ搭載して歓迎します。 元比較する価格差がかなりあります。

これは筆記具ではない

Boox Max Lumiを筆記具と捉えてはいけません。 これ電子インクのAndroidタブレットです。 つまり、白黒だけでAndroidタブレットでのほとんどのものはBoox Max Lumiもあります。 OSはAndroid 10.プロセッサは、QualcommのSnapdragon 636であるが、LEDやOLEDより省エネのEインクディスプレイであれば、これで十分である。 画面は13.3インチ2,200×1,650の207dpi。 文字筆記モノクロ漫画なら画質十分である。 しかし、これより小さい300dpiスクリーンと比較すると、もちろん落ちが。 これはまた、価格差がかなりありますが、10.3インチ227dpiのOnyx Boox Note Airをなんとなく彷彿とさせるような。 ここで疑問です。 なぜ比較しまい、より安く似た端末があるが、Boox Max Lumiが好きだと思いますか?

良い点:すごく大きい

まず、最大の魅力は、その大きさ。 巨大な。すごく大きい。 今横所持して本読んでいると、彼の体には、まだ大きな絵本を熱心に読んでいる幼児のような気がします。 片手でも持てるしまうほど軽い&薄いですが、基本は両手を推奨です。 大きく薄いので取り扱い不注意心配になってしまう。筆記状態も最高。 reMarkable 2とBoox Note Airと比較すると若干の遅れがあるが、メモや落書き違和感を持つ・挫折するほどではありません。 個人的には、文字間の包装シミ癖がある上に、小さな画面でますます満たさちゃって手が固まることがありますが、Boox Max Lumiの大型ディスプレイでは、そんなことはなく、!

201110onyxboox-01
友達イラスト描いてくれました。 Noteアプリケーションで簡単に早く早く。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-02
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-03
ペンは少し小さいです。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-04
ホームボタンに内蔵された指紋センサー。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-05
micro HDMIポートがあり、外部モニターとして使用することができます。 USB-Cもあり。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-06
micro HDMIポートがあり、外部モニターとして使用することができます。 USB-Cもあり。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-07
eMarkable 2とは異なり、画面が点滅します。 明るさはもちろん、色味調整することができるのも嬉しい。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-08
写真:Alex Cranz / Gizmodo

書き心地をチェック!

スケッチ感を確認するために、完全に絵心がない私の代わりに友達にイラストを描いてくれました。お友達曰く、若干の遅延は感じるが、よりペンの角度による圧力の差に応えてくれるのが良いとのこと。 iPadやハイエンドAndroidタブレットと同様に圧力をかけて強く押すと、線が太くなっています。 ただし、イラスト描画に使用する人は、スタイラスペンをより良いものにしたほうがいいかも。 指定されたペンはメモ程度は問題ないが、イラストなどの釣り仕様は少し小さくて難しいようです。

画面サイズが大きいため、ほとんどのPDFファイルであれば、スクロールやサイズ変更せずに見ることができます。内蔵メモリーアプリケーションも個人的には十分な書き込み。 同期は、Onyxアカウントが必要。 Google Keepなど、他の州系アプリと同期させることができれば最高ですが、とにかくなくても何とかなります。 メモをテキスト化したり移動させることは非常に簡単かつ迅速嬉しい。

201106omnyxbooxmaxlumi02
良い機能の分割モード
写真:Alex Cranz / Gizmodo

Onyxアプリケーションか心配している人に朗報。内蔵されたプロセッサがQualcomm Snapdragon 636であるため、他の多くのAndroidアプリもほとんど問題なく使用することができます。 以前のモデルでは、動きが悪かったLibbyもNeboもBoox Max Lumiならスイスイ。

そして内蔵スピーカーが付いています。 音楽を聞いて動画を報告することができます。 まぁ、今すぐ動画を見る人は、「あえて」している少数でしょう。 私の場合、ダウンロード完了の音を聞くくらいしか使用していないが。 一方、Bluetooth 5.0は感謝キーボード繋げれば、ワードプロセッサに早変わり。 イヤホン・ヘッドホン接続して音楽聴きながら作業もよい。 ヘッドフォンジャックではないので、BluetoothまたはUSB-Cポートですね。

外部モニタとして使用

201110onyxboox-09
画面再生モードがいくつかのパターンあり、画質を下げると、Webブラウジングしやすくなります。 高い再生モード:品質が低下し十分な画面上のカーソルの動きがリアルタイム。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-10
ミドルグランドモード:ゴーストが減り画質は上がる。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

201110onyxboox-11
読書モード:本なら問題なし。 Safariで見るGizmodoサイトは見るのが難しい。
写真:Alex Cranz / Gizmodo

これは良い考えではコンピュータの外部モニタとして使用。 micro HDMIで接続して、内蔵モニタアプリケーションを使用します。 ノートPCでダークモードは、E Inkの画面では、イマイチなのでやめた方がいいでしょう。 最初は少し違和感ありながらも、良い塩梅設定を見つけたら、macOSとWindowsを大きい電子インク画面で白黒で見ることも、かなりオーツー。 まぁ、オートとが、実際に普段の仕事で使用かとされると、使用していないよ。 Boox Max LumiをSonosのリモコン代わりにして遊ぶこともあったが、最終的にはiPadの代替品として使用が基本。 つまり、書き、編集して、コンテンツを見ています。

Boox Max Lumiの最大の問題は、やはり880ドルというその価格。 高い。 これは、事故と自分を納得させることができない。 reMarkable 2よりもはるかに多くの機能があるので、比較すると、それはBoox Max Lumiのほうがいい。 しかし、価格を考えると、何も言うことができません。 また、Boox Max Lumiのほぼ半額に同じことができてしまうNote Air(Boox Max Lumiよりも小さい)という存在もあって。 Boox Max Lumiという存在を賛美します。 なぜなら、KindleとKoboなどの電子リーダーと呼ばれる限定的な用途にとらわれず、大画面での電子インクディスプレイの可能性を示したと考えているからです。 ところが、やはり高い。 880ドルは誰でもどうぞと価格ではないですね。

まとめ

・巨大電子インクタブレット。 1回の充電で数週間でOK。 Adroidアプリケーションを使用することができる。

・A4サイズの作業があります。 PDFマークアップも勝手。

・手書き文字認識機能あり、一度に2つのアプリケーションを使用するマルチタスク機能を備えています。

・高い。 880ドルはやはり高い。

READ  【速報】ウォン襟の花がトップで、バックナインにフルに1打差渋野3打差 - ゴルフダイジェスト・オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close