デジタルプラットフォームと競争する日本の書店、戦略を再考

Estimated read time 1 min read

東京西部調布駅北口の正面に シンコショテン八幡秀春の職人が1968年にオープンしたオフライン書店。 当時、日本は世界最速の経済成長軌道にありました。

Josei Seven、Shukan Post、Weekly Playboy、そして歴史的に最も売れている漫画雑誌となった漫画の集まりであるWeekly Shonen Jumpを含む、1960年代に数多くの主要な雑誌が創刊されました。 松本誠町や山岡昌八などの作家たちは、ブロックバスター小説を注ぎ出しており、英語能力から性生活まですべてを向上させる方法論本は数百万部が売れました。

しかし、2002年に八幡が製造会社のエンジニアの仕事をやめ、家族経営の書店で働き始め、書店の黄金時代は終わったように見えました。 日本は1990年代初めに資産価格バブル崩壊で長期間の景気低迷に苦しんでおり、調後には依然として書店が多かったが、新しい技術が登場し、状況はすぐに低迷し始めました。

READ  日本イケア、サプライズプレゼントでいっぱいの福袋福袋で新年おめでとう
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours