デジタル化はついに日本経済を変えることができます – BRINK – グローバルビジネスへの対話と洞察

1 min read

日本は先端技術国としてよく知られています。 結局、ここは新幹線、ロボット、コンピュータゲームの本場です。 しかし、物語の別の側面があります。 まさに低技術日本です。

世界のほとんどが電子メールでコミュニケーションをとっていますが、日本の友達はまだファックスに夢中です。 残りの人は電子署名を使用していますが、日本では個人用印章(「塗装」)の古代伝統が続いています。 そして、現金は依然として消費者の購入を支配しており、外国訪問者、特に大都市で現金がますます使用されていない中国から来た訪問者は大きく驚きました。

COVID露出日本の低技術アプローチ

最近のOECDレポート 日本では「家庭、企業、政府がデジタル技術を活用するのに苦労してファンデミックが弱点を表わした」と指摘しました。 COVID-19波の間、東京にいる私の同僚は混雑した電車に乗ってオフィスに向かってファックスを受けたり、文書に印を付けました。

政府が経済発展に主導的な役割を果たしている国では、政府のデジタルツールの使用は驚くほど少ない。 OECDは、個人の10%未満がインターネットを使用して公共機関のWebサイトに記入されたフォームを送信すると報告しています。 これはG-7国の平均30%と比較されます。 私たちの大学のオフィスで紙のファイリングシステムの壁を見ることは驚くべきことです。

多くの国では、デジタル化が労働力をロボットや他の技術に置き換えることを懸念しています。 しかし、日本はユニークで幸運な状況にあります。 デジタル化は人々を雇用から追い出すのではなく、老齢化経済の労働力不足を埋め、経済に新たな推進力を提供することができます。

日本の高齢化人口

日本は低出産と期待寿命の増加で世界で高齢化をリードしている。 現在、女性1人あたり約1.4人の日本の出産率は、1975年以来時間が経つにつれて人口が自ら交換される割合である2.1人未満でした。 その結果、日本の生産可能人口は1995年以降減少しており、総人口は減少する可能性があります。 今日の1億2,500万から今世紀末まで7,500万まで増加します。

当然労働力が少ないということは経済が弱いことを意味し、ここ数十年間で日本の経済成長率は年間平均約1%に過ぎない一方、平均寿命は1960年68歳から今日85歳に急増しました。 これは政府予算と経済に大きな比重を占める。 日本は今 すべてのOECD諸国の中で最も高い老年扶養費

社会的支出により、日本政府の負債はOECD諸国の中で最も高いGDPの約250%に急増しました。

より高い経済成長

COVID-19は日本で新技術の採用に拍車をかけました。 過去とは異なり、ますます多くの日本の「サラリーマン」(そしてますます多くの「サラリーマン」)が自宅でオンラインで働いています。

COVID-19の状況では、これらのデジタル適応は始まりに過ぎません。 しかし、それは日本をより高い経済成長の軌道に加速し、移動する可能性を持っています。

これは、業績ベースの業務文化の始まりと、日本の秘密の企業や官僚的なイデオロギーへの歓迎の終わりを伝えることができます。 より多くの消費者がオンラインで購入し、eコマースが増加しました。 かつて日本では珍しかったオンライン学習が、今や教育分野を一掃しています。 ズームはカンファレンスを頻繁に開催し、日本の伝統的に孤立した学問分野を世界に公開します。

COVID-19の状況では、これらのデジタル適応は始まりに過ぎません。 しかし、それは日本をより高い経済成長の軌道に加速し、移動する可能性を持っています。

高度に教育された人材はデジタル化の成功の鍵であり、日本は教育のための国際リーグテーブルで非常に高いランクを占めています。 例えば、15歳の日本の学生は特に科学、数学、そしてそれほど少ないですが、最近の読書で良い得点を得ました。 OECD留学生評価プログラム(PISA)

低レベルの英語

しかし、OECDは、日本の学生のデジタル技術は、学校のカリキュラムで新技術への集中が不足しているため、脆弱であると報告しています。 さらに、STEM(科学、技術、工学、数学)の分野を勉強している日本の学生、特に女性と女の子は比較的少ないです。 日本は、デジタル化の潜在的な報酬を得るために、デジタル技術教育をよりよく開発する必要があります。

労働者の再教育ももう一つの重要な要素です。 特に、ますます多くの高齢者が労働力に残り、女性が家族を扶養した後、有給雇用に復帰しているからです。 さらに、社内の再教育からあまりにも頻繁に除外される「非正規雇用」(例えば、非正規職や短期勤務)に対するデジタル再教育の機会を提供するためのさらなる努力が必要です。

アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々は、経験豊富な移民が経済のデジタル化のための原動力になることを示しました。 そして閉鎖された社会という名声にもかかわらず、過去30年間に日本に居住する外国人の数はほぼ300万人(全人口の2.3%)に3倍増加しました。

近年、日本は次のようなますます多くの移住者を引き付けています。 インドで現在、日本に居住する約40,000人のインド人と共に特にIT部門で技術格差を埋めるため。

しかし、日本がこの発展から利益を得る能力は、反移民情緒と不足している英語力によって妨げられています。 EF英語能力指数1965年に設立されたグローバル教育会社であるEducation Firstで実施します。 日本の教育は、言語能力と多文化感受性を向上させることに重点を置くべきです。

国のための大きなチャンス

やや驚くべきことに、日本の民間部門のデジタル化はミックスバッグです。 大規模な製造企業でデジタル技術を使用することは、世界で最も進化した技術の1つです。 しかし、小企業とサービス部門ではまったく異なる話です。 ITリソースへの投資が不足していることが多く、ビジネスのダイナミクスが弱く、新しい技術や管理方法の普及が妨げられます。

政府は「デジタルエージェンシー「政府の他の部分への刺激を作成するのに役立ちます。 これは、政府機関が市民の生活の中で重要かつますます重要な役割を果たしているため、非常に重要です。 高齢化社会では、高齢者は社会保障と医療および長期療養のために公共機関と定期的に接触しています。 そして、この自然災害に苦しんでいる国では、市民は特にCOVID-19の現在の状況で政府情報と支援サービスに接続する必要があります。

デジタルトランスフォーメーションは日本の最大の機会であり、課題の一つです。 デジタル化は、日本の膨大な公共債務を管理し、OECD平均より20%低い生産性を高めるのに役立ちます。

として Lowy Institute アジアパワーインデックス ハイライトとして、日本は中国に比べて比較的立地を失っており、現在指数の主要国基準値に少し及ばない。 デジタル化は、日本の経済力と軍事力の両方を改善し、包括的な力を強化するための道を提供します。

READ  2022年の中国経済は、史上最悪の成長勢で急激に鈍化
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours