技術

デジタル未来が新しい、シンガポールの革新ハブにあります。

過去20年の間にDell Technologiesは、シンガポールでのビジネスやコミュニティを活性化するために、積極的に努力してきました。 今日、これらの約束は、最近東南アジアの都市国家にグローバルイノベーションハブ(GIH)が発足し続けます。 中 企業プレスリリース、Dell Technologiesは今年の投資された2300万ドルを含む3年間のシンガポールの革新ハブに5万ドルを投資すると予想しました。

GIHはDell Technologiesから発売された。 デジタル未来 – Made in Singapore イニシアチブは、デジタルソリューションの採用を迅速に追跡し、全世界のパートナーや顧客が将来に備えることができるようにシンガポールで開発されたデジタル技術革新を推進することを目的とします。

米国のDell Technologiesのグローバル本社の外側に位置する最初のイノベーションセンターであるGIHは増強/複合現実感、データ分析、クラウドネイティブ、サイバーセキュリティ、およびエッジ・コンピューティング。 ハブは、技術革新を通じてユーザー体験を向上させる専門家チームの本拠地の役割もあります。

「シンガポールは、国際的に活発なビジネス、技術、および繁栄しているのR&Dハブとして世界的に認められています。」とDell Technologiesのアジア太平洋および日本と世界のデジタル都市社長のAmit Midhaは言う。 「私たちの デジタル未来 – Made in Singapore イニシアチブは、シンガポールで開発されたデジタル革新を全世界に広めすることにより、シンガポールの独自の地位をさらにサポートします。」

また、GIHは、シンガポールのデザインセンターを含む、シンガポールの既存のR&D施設を保有しています。 このセンターは、モニター、およびクライアントの周辺機器などの主要製品カテゴリのグローバル製品の設計や開発を担当します。 GISは、製品の設計と技術革新に専念するハードウェアプロトタイピングラボとAIの理解と採用のための触媒の役割をする人工知能体験エリアも含まれています。

ハブの設立は、デザイナー、開発者、戦略家およびその他のデジタル技術革新の職責を含む、シンガポールの新興技術で160人以上の雇用機会を創出しました。 GIHの新入社員は、シンガポールに拠点を置く、世界中の顧客とパートナーのためのR&Dプログラムを推進することに焦点を当てています。

他の取り組みを促進

GIHの発売と現地人材を活用しようとする動きは、Dell Technologiesの勢いを受け継いで、シンガポールで3000人以上の新卒業生、中間キャリアの専門家と学生を教育します。 技術の技術アクセラレータの取り組み。 このイニシアチブは、参加者が、デジタルの未来を準備することができるよう、クラウドコンピューティング、データの保護と管理、データ科学、ビッグデータ分析の知識と技術を構築することに重点を置きます。

二つの部分で構成されイニシアチブには、シンガポールに拠点を置くDell Technologiesのパートナーおよび顧客企業のための教育とサポートの機会が含まれており、クラウドネイティブおよびその他の新興技術に重点を置いた教育課程のシンガポールの管理の大学との協力が含まれていされます。

Dell Technologies Academyが提供する技術の技術アクセラレータの取り組みは、技術人材の需要の増加を満たすために、シンガポールのデジタル技術革新のための境界を拡張するのに役立ちなるでしょう。 参加者は、コーチや仲間と一緒に加速されて没入型の学習アプローチの利点を享受することができます。

「世界はこれまで以上に技術が必要です。」とMidhaは言います。 「デジタルソリューションと新技術の採用を奨励し、製品およびプロセスの革新システムを強化し、人材パイプラインに参加すること、私たちは、より弾力性のあるかつ進歩的であり、包容的であり、持続可能な経済への道を磨いていると信じている。」

Dell Technologiesは、デジタルの未来に命を吹き込む方法の詳細については、 お客様のソリューションセンター 世界的な。

著作権©2021 IDG Communications、Inc.

READ  Googleは教授に6万ドルを提供したが、断った。 理由は次のとおりです。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close