デトロイトタイガース、右腕投手前田と2年契約締結

Estimated read time 1 min read

デトロイトタイガースが右腕投手前田健太と2年2,400万ドル契約を締結したとメジャーリーグ球団が火曜日明らかにした。

大阪府出身の35歳の選手は2024年に1,400万ドル、2025年には1,000万ドルを稼ぐことになります。 クラブによると、彼はまた、今後2年間で合計120,000ドルをタイガース財団に毎年寄付する予定だという。

2021年、トミージョン手術を受けて復帰した前田は、ミネソタツインズで今年21試合に出場し、6勝8敗、平均自責点4.23を記録した。

シーズンの最後の16回の選抜登場中、彼は6勝3敗を記録し、ツインズがAmerican League Centralディビジョンタイトルを獲得するのを助けました。

USA TODAY/ロイター通信を通じて

クラブの野球運営会長のスコット・ハリス(Scott Harris)は、「私たちはゲームで勝利し、若い選手の投手に影響を与える可能性のあるベテラン選手をローテーションに追加したかった」と述べた。

「ケンタは多くの仕事をとてもよくしてくれます。彼はプラス・ストライク投手です。

前田はメジャーリーグ通算190試合で65勝49敗、平均自責点3.92を記録し、そのうち155試合が選抜登板した。

北米に移籍する前、前田はセントラルリーグの広島カーフで8シーズンを送り、97勝67敗、防御率2.39を記録した。

READ  WRC - トヨタシティベースのラリージャパン(Rally Japan)を控え、東京でレッドカーペットを歓迎します。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours