デフレが目前にある日本戦争の終息:BOJの内田

1 min read

経済


東京、5月28日(Jiji Press) – 人々のインフレ期待値を2%に維持するには依然として「大きな挑戦」が残っているが、日本のデフレ戦争の終わりが「目に見えている」と日本銀行副総裁内田信一が語った。

彼は、月曜日に東京BOJ本部で開かれた国際会議で、演説で前例のない通貨緩和から転換のためにマイナス金利政策を解除するなど、中央銀行が去る3月に取った措置に言及しながらこう述べた。 。 BOJは、国家が安定して持続可能な2%のインフレを達成するのを助けることを目指しています。

1990年代と2000年代の慢性的な需要不足でインフレ率が下落したが、「当時ほとんど慣例的であり、下限ゼロ制約に直面したBOJの金融政策は需要を十分に刺激できなかった」と内田氏は語った。 日本の長期デフレが原因だ。

彼は日本経済特有の現象で「軽微だが持続的なデフレが「今日の物価と賃金は明日も同じだろう」という信念をもとに社会的規範を作り出した」と指摘した。

内田首相は、深刻な人材不足など労働市場の構造的変化に言及しながら、社会規範が「解散される予定」と話した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス
日本銀行

READ  日本の労働部が能登半島を襲った旧正月の地震で被害を受けた企業や職員に補助金を支給する予定だ。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours