経済

デルタ変形がアジアで拡散されることによって、日本の7月の工場の生産量が減少すること:ロイターの世論調査

By Kantaro Komiya

東京(ロイター) – 日本の7月の産業生産量が資本財の輸出需要が停滞して、アジアでのデルタコロナウイルスの亜種の拡散により、サプライチェーンがさらに混乱になり、7月の産業生産が減少したことロイター調査が金曜日示した。

この調査は、消費者支出の重要な指標である小売売上高電子製品や衣料品の需要の増加に支えられ、7月に5ヶ月連続で前年同期比増加すると予想されることがわかった。

18人のエコノミストが実施したアンケート調査では、工場の生産量は、前月より2.5%減少すると予想されて、2020年7月以降で最も高い成長率を記録した6月に6.5%増の後、萎縮することが予想している。

Norinchukin Research InstituteのシニアエコノミストであるTakeshi Minamiは「チップ不足の問題にDelta変形が全世界的に広がって、特に東南アジアの部品供給への影響が日本のメーカーの生産に圧力をかけています。」と言いました。

SMBC Nikko Securitiesのアナリストは、予想される生産量の減少をアジアに向かう機械輸出の弱含みで石たし、自動車生産の回復が減少を一部相殺する可能性があると付け加えました。

調査のアナリストは、小売販売の場合、1年前の同じ月より2.1%成長すると予測しており、これは、6月の0.1%の増加の後の速度がより速くなっています。

しかし、健康危機による圧力は、消費傾向に続く障害になる可能性が高く、前年比の数値は、昨年の下落を反映した統計的基底効果により歪曲されることが予想されます。

経済産業省は、小売販売データを、8月30日午前8時50分(2350 GMT 8月29日)に、工場の生産量を8月31日午前8時50分(2350GMT 8月30日)に発表する予定です。

金曜日の世論調査で、7月の失業率は2.9%で維持されると予想されました。 求人率は6月1.13から1.12に低下すると予想された。

雇用データは、8月31日午前8時30分(2330 GMT 8月30日)に労働部が発表し、住宅着工のデータは、8月31日午後2時(0500 GMT)に発表される。

(Kantaro Komiyaジャーナリスト、Kim Coghill編集)

READ  ハーバード教授、「慰安婦」の主張に不和

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close