世界

デンマークの村は、ゴミをビーチから海に移すために15万ドルを費やしました。

デンマークのあるコミュニティは「気持ちいいより良く見えるほうがいい」というモットーに従って生活しているようです。

Slagelse自治体は今週非難された。 国営放送人 Danmarks Radio報告されたところによると、ブルドーザーが夏の間に週に2回人気のスティーリング紙のビーチから海藻やプラスチックを除去するために150,000ドルを書きました。 ただし、廃棄物を数ヤード深く海に持って行き、再び水に落としました。

デンマーク工科大学の教授であるトルケル・ギッセル・ニールセン氏は、このような慣行が「完全に愚かだ」とネットワークに語った。

コペンハーゲン大学の生物海洋学教授のキャサリン・リチャードソン(Katherine Richardson)は「これは決して自然への助けの手ではない」と書いた。 万力に送るメール。 「これは一つのことです。ビーチを探している人のための便利です。」

Slagelse MunicipalityはViceの電子メールには答えなかったが、Villum Christensen副市長はDanmarks Radioにこの方法を擁護しながら、ビーチを探している人々は、ビーチが南欧のリゾート地のように「きれいで清潔」を望んでいると述べた。

デンマークのKatherine Richardson教授は、スティルゲンゲビーチのイメージに焦点を当てたSlagelse自治体を非難しました。
ゲッティイメージ

Christensenはタバコのつぼみと他の小さなプラスチック片 [in the sea] ほとんどの場合どちらにしても」

READ  欧州最高の知性が警告「コロナ前なら死んでいない人が、今後死んでいく「世界」診察回数」が減っている| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close